スポンサードリンク

本日(5月16日)から韓国ドラマ
「愛はぽろぽろ」
日本での放送がスタートしますね。

20時50分~ 、スカパーHD、やスカパー光などで
放映中の「DATV 」にて
4話連続で放送されます。

イルイルドラマ(昼ドラ)には、無くてはならない存在である
「カン・ウンタク」さんと
「ワン・ジヘ」さんが出演する「愛はぽろぽろ」。

「白夜姫」など数々のドラマや映画に
出演中の「カン・ウンタク」さん。

「チング、愛と友情の絆」でヒロイン役を務めた
「ワン・ジヘ」さんの共演ということで、
注目度も高まっているようです。

市場の卸売りで生計を立てていた
「パンウル」(ワン・ジヘ)ですが、

ひき逃げによって父親を失い、結婚を目前に控えていた
恋人のドンジュン(カン・ドンホ)
も亡くなってしまいます。

すでに出産予定だったパンウルは
シングルマザーとなり、

大手の食品会社で、本部長の「ウヒョク」
(カン・ウンタク)の下で働くことに。

正反対の性格から、ぶつかり合うことも多い二人ですが、
パンウルは何故か「ウヒョク」が
「ドンジュン」に見える錯覚に陥ります。

なんと、6年前に心臓病を患った「ウヒョク」は、
「ドンジュン」から心臓を移植されていたのです。

様々な人間関係が複雑に絡み合う、
ロマンスラブコメディ。

今回は、そんな話題の韓国ドラマ「愛はぽろぽろ」の1話〜4話について、
「あらすじ」などのほか、
感想視聴率などをまとめてみました!

愛はぽろぽろ(1話)あらすじネタバレ!初回の視聴率なども

娘の「パンウル」に彼氏ができた噂を
耳にした「ウン・ジャンホ」ですが。

「パンウル」の交際相手と思われる男性は、
試験に向けて
勉強中の身である「ドンジュン」でした。

二人の関係に反対する「ジャンホ」は、
男手一つで育ててきた
「パンウル」にも強く当たります。

一方、留学を終えた「パク・ウヒョク」は
韓国に戻り、サラリーマン生活を送っていた。

2016年11月28日から2017年6月2日
(SBS)にて放送された今回のドラマ、
初回の視聴率は、7.4%(最高8.3%)でした。

愛はぽろぽろ(2話)「あらすじ」まとめ

「パンウル」の妊娠が発覚、
頭を抱えながらも、
ドンジュンに連絡を取ることに。

そんな中、チェリンには継母「ナヨンスク
に対する悩みが浮上していた。

ストレスを抱える、「チェリン」でしたが、
彼氏の「サンチョル」と共に
別荘へ出掛けていきます。

愛はぽろぽろ(3話)「あらすじ」まとめ

ドンジュンは携帯電話が壊れてしまい、
パンウルと連絡が取れない状態になっていました。

わざと距離を置こうとしているのではないか、
と先走るチャンホ。

怒りをあらわにしながら、
明かりが点いている
別荘を見つけて足を運ぶ。

そんな中、どうにかして
パンウルと連絡を取ろうとしていた「ドンジュン」。

携帯電話を直すため、
一人、奮闘するドンジュンだった。

愛はぽろぽろ(4話)のあらすじまとめ

ひき逃げ事故を起こしていた「チェリン」。

身体を震わせながら、
継母である「ヨンスク」へ相談します。

ひき逃げ被害に遭ったのは、
パンウルの父親「ジャンホ」だったのです。。

父親を失った悲しみと戦うパンウルは
犯人の手がかりを見つけるため
事故現場へ向かうのでした。



「愛はぽろぽろ」ドラマのキャストは以下の方々です。

カン・ウンタク:パク・ウヒョク(BHグループの御曹司)

ワン・ジヘ:ウン・パンウル(シングルマザー)

カン・ドンホ:ユン・ドンジュン(パンウルの元恋人)

キム・ミョンス:ウン・ジャンホ

キム・ミンス キム・ミンス :キム・サンチョル(チェリンの元恋人)

イ・ジョンス:ユン・ドンミン(ドンジュンの兄)

キム・ハギュン:ユン・ゲヌン(ドンジュンの父)

ソヌ・ウンスク:イム・スンボク(ドンジュンの母)

キル・ヨンウ:ハン・ヨンモク(チェリンの父)

というわけで今回は、韓国ドラマ「愛はぽろぽろ」の1話について、
「あらすじ」などのほか、
過去の視聴率などをまとめてみました!

4話のあらすじや、感想や視聴率などといった
追加の情報があれば、アップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

パクボゴムの熱愛彼女はキムユジョンって本当?