スポンサードリンク

秋の真ん中の季節のことであり、
1年で最も月が綺麗に見えることから
中秋の名月などとも呼ばれる「十五夜」

ちなみに、陰暦16日の夜のことは
十六夜と言います。

お月様が綺麗に見えるイベントということで、
毎年、注目が集まる十五夜ですが

毎年、その日程が異なっています。

果たして今年(2018年)の「十五夜」はいつなのでしょうか?

満月の見れる方角や、十三夜などの行事と合わせて
今回の記事でまとめてみました!

2018年の十五夜はいつなの?満月が見れる方角は?

基本的には、9月7日から10月8日の間で、
満月が出る日は、十五夜とされています。

昨年(2017年)は、10月4日15夜でした。

今年(2018年)の十五夜の日程は、
9月24日(月)だそう。

「十五夜」を見ることのできる方角についてですが、

満月は東から上がり、夜の0時前後に
南向きの高い位置に来るので、

東から南東、南の方角で観ることができます。

スポンサードリンク

十五夜の由来とは?御供えものほか十三夜についても

由来については、諸説いろいろありますが、

大昔の中国で、中秋の名月を鑑賞する習慣があったため、
それが日本に伝わってきた
という説が有力とされています。

もともと上流階級が
宴を催して、月を愛でる
といった風習を行なっており、

のちに、豊かな実りの象徴として、十五夜を観賞し、
お供えものをして
感謝や祈りを捧げる、そんな行事として一般に浸透しました。


意外と知られていない、「十五夜の日」に食べる物ですが、
代表的なお供え物は、七草の1つであるススキ、
月見団子と、里芋や栗、ぶどうなどの収穫物です

ススキは、作物や子孫の繁栄を見守る
神様の「依り代」(神霊が寄りつくもの)
と考えられている稲穂の代わりに飾られるようです。

魔よけの力もあると言われており、
お月見の後に、軒先に吊るすと、
1年を通して、病気にならないという言い伝えも。

十五夜についで美しいとされる十三夜
(旧暦9月13日)という行事もありますが、
こちらは新月から数えて13日(10月21日)となっています。

月が8割ほど見える日であり、
残りの2割は
影になって見えないのだそう。

15夜は中国に由来する行事ですが、13夜は日本独自のもの。

収穫を祈願する十五夜と
収穫に感謝する十三夜

どちらか一方しか見ないことは、片見月と呼ばれ、
相当に縁起が悪い事とされています。

「豆名月」や「栗名月」などとも呼ばれる十三夜には、
栗や枝豆をお供えします。

できれば、両方の日に
月を見ておきたいものですね。

新月から数えて16日目の夜は
十六夜(いざよい)と呼ばれ
今年は、十五夜の翌日である9月25日となっています。

というわけで今回は、十五夜の日程や
満月が見れる方角お供え物などをまとめてみました!

また追加の情報があれば、アップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

高橋徹郎が糸島市長選2018に!スター高橋の現在や嫁ほか活動休止の理由も