スポンサードリンク

「マネーの虎」でデータ男と呼ばれていた
志願者の男性を覚えていますか?

deta2

起業塾で、経営について勉強したこともあったという志願者。

説得力のある事業計画をベースに事業プレゼンをされており、
一見すると、優秀な志願者にも見えるのですが、
なぜマネーが成立しなかったのでしょうか?

今回はそんな「データ男」と呼ばれた志願者が、
ノーマネーフィニッシュになってしまった理由をまとめてみました!

マネーの虎のデータ男がノーマネーフィニッシュになった理由とは

nonomura

号泣会見の「野々村」議員に似ている元設計士の志願者

deta

進化していくコンビニ型カフェの開業資金として、
930万円の投資を希望されていました。

「野々村」議員は究極の顧客志向を実現するカフェを展開したいと、
自らが理想とするカフェの7つの特徴を説明されていましたね。

「野々村」議員データ男が理想とする進化型カフェの持つ7つの特徴

・商品の幅、数を広げることで顧客ニーズやターゲットの幅を緩める(中国茶、コーヒー、健康ドリンクなどジャンルを幅広く並べる)
・希少価値のあるPB(プライベートブランド)とナショナルブランドを調和的に配置
・期間限定品を店に置く
・ライバル店よりも新商品開発&早期提供のスピードを上げる
・従業員として劇団員を雇い、笑顔による心地よい空間を提供
・自らが空間設計を行う
・顧客の経営への一部参加型のシステムを採用

一見、手を広げすぎていて、マーケティングのセオリーを無視しているようにも思えますが、

本人いわく、これまでの自身の体験や実店舗に足を運んで得た洞察などから、
あえて教科書どおりの戦略を無視して、コンセプトありきの考え方を採用しなかったのだそう。

ライバル店となるお店に何度も足を運んだ志願者の
データを収集&分析をもとにした事業計画は
虎たちから高く評価されていました。

deta

「こんなデータは見たことない、すばらしいね」などと、
あの厳しい「堀之内」社長からも絶賛されています。

sadahiro

しかし、貞廣社長からは、
「商品数を増やしすぎて、店舗を存続させることすらできない」
などと厳しい指摘を受けてしまいます。

スポンサードリンク

現実はデータ通りにはいかない

その後も、計画の甘さ矛盾点を次々と指摘され、
結果的にノーマネーとなってしまったデータ男。

小林社長からは、「あなた見たいな人は、エクセルなんぼでも良い資料作れてしまうけど、
そのせいで、自分は出来るという錯覚におちいってしまう。」などと厳しい言葉をかけられてしまっています。

koba

過去にマネー成立になったワンコイン屋台の「遠藤」さんも
プレゼンが完璧だとほめられていたものの、実際の経営は失敗してしまいましたね。

wanko

さらには、堀之内社長からは「気難しそうだから、付き合うと疲れそう」
などと人間性までも否定されてしまいます。

堀之内社長の方が気難しそうな気もしますが。

一方で貞廣社長からは、「僕はぜんぜん気難しそうに見えない、将来あなたみたいな人と仕事をしたい」

などと前向きななコメントをもらっていましたね。

今になってみれば、「堀之内」と「貞廣」社長のどちらが正しかったかはわかりませんが、
あの場にいた5人の虎の中で、貞廣社長(と岩井社長)のみが事業を存続されています。

sadahiro2

ネット上には、志願者のその後の活動の情報は見つかりませんでしたが
今頃は、何かの分野で成功されているかもしれませんね。

現在は、悲惨な状況に陥ってしまった「堀之内」社長

hori

ということで今回は、「マネーの虎」に出演されていたデータ男の
ノーマネーフィニッシュになった理由をまとめてみました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。