過去にマネーの虎に出演されていた
チャンコ増田さんを覚えていますか?

masuda

チャンコ増田さんは、アイドルの等身大の抱き枕を販売したいと、
お酒の勢いでマネーの虎に応募した変わり者です。

虎たちからは「たぶん、成功する」などと言われながらも
「でも君とは組みたくない」などと言われノーマネーフィニッシュとなってしまった増田さん。

その後はどうなったのでしょうか?

今回は、チャンコ増田さんがマネー不成立になった経緯や
現在までの活動をまとめてみました!

スポンサードリンク

マネー不成立となった抱き枕オタクのその後は?

tya2

グラビアアイドルやレースクイーンなどといった、通常付き合えないような方々と
添い寝ができる、そんな夢が抱き枕でかなってしまう、などと番組内で商品の良さをアピールしていた増田さん。

実際に抱き枕を抱いてみた川原社長からは
これは売れる、などと絶賛されていました。

kawahara1

しかし、事業計画がめちゃくちゃであったため、
小林敬社長から「この時間は無意味」などと言われてしまいます。

kobayasi

堀之内社長からは「社会性が低い」「オタクはどうしようもない」
などと罵倒されて、結果ノーマネーとなってしまいましたね。

hori

スポンサードリンク

チャンコ増田の現在は?10年後はどうなった?

tya

今では、日本中がオタク文化を受け入れるようになったせいか、
普通の大学生までもが抱き枕を所持する時代になりました。

10年前と比べると、抱き枕の市場は確実に伸びており、
そういった意味で増田さんには先見の目があったと言えますね。

そんな抱き枕ビジネスの先駆者として、2002年にトレジャーハンターという有限会社を設立した増田さん。

孤軍奮闘されていたにも関わらず、
立ち上げた会社が3年で倒産してしまいます。

tyaa

その後、2008年に同人サークルを立ち上げた増田さん。

会社が倒産してしまったことにもめげずに
インターネットで抱き枕の販売もスタートされたのだそう。

その後は台湾への進出も果たし、イベンター(イベント主催者)として
現在もイベント企画などの活動をされているみたいですね。

罵倒されてもめげずに、情熱を持って活動を続けた結果、
現在も大好きな仕事をされているみたいで、本当に良かったですね。

ということで今回は、マネーの虎に出演していた抱き枕オタクの
チャンコ増田さんについてまとめてみました!

スポンサードリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。