スポンサードリンク

マネーの虎に出演されていた上野社長を覚えていますか?

ueno

上野社長は、マネーの虎に出演されていた投資家の中でも
自身の体験談をベースに厳しくも的確なアドバイスをする方だと評判でしたよね。

そのほかのマネーの虎の出演者のその後についてはこちらの記事に

hori

あれから10年以上経過しましたが、現在も虎として活動されているのでしょうか?

今回は、上野社長のマネーの虎その後の活動や、
過去の番組での名言などをまとめてみました!

マネーの虎のノシアス社長 上野健一のその後は?

mane

かつては、ノシアス理想都の代表であり、
不動産の開発会社ZKR(旧全管連)の社長でもあった上野健一さん。

日本最大の課題ともいわれている高齢化問題に早くから着目し、
アクティブシニアがハッピーリタイアメントを送るための街づくりを
全管連の事業として着手されていましたね。

そういえば、ビジネス・ブレークスルーの代表で、経営コンサルタントの大前研一さんも
以前からアクティブシニアがビッグマーケットになるといった内容のことを提言されていましたね。

しかしながら、2013年にZKRが破綻(民事再生法適用)したことで
グループの負債総額はなんと200億円を超えてしまいます。

ueno2

かつてマネーの虎で共演されていた南原社長を超えるほどの、巨額の負債を負ってしまっていたのですね

南原社長の現在の活動についてはこちらの記事に

nanbara

会社が破産したことで、顧客からは預かっていた高金利利回りのZKRの預託金(保証金、敷金)は、
総額で100億(負債)を超えており、自転車操業(かろうじて存続できている状態)になっていたのだそう。

確かにこれでは、関係者に恨まれてしまっても仕方ないかもしれませんね。

スポンサードリンク

マネーの虎での上野健一の名言(格言)をまとめてみた!

マネーの虎では、オーラパワーがある人に投資したいとおっしゃられていた上野社長。

そんな上野社長の番組内での名言の数々をまとめてみました!

ueno3

トレーラーハウスを日本に持ち込んだのは私なんです。

800万の投資では、そこまで大きなビジネスにならない気がして面白くないよね。

(トレーラーハウスでのタコライスの販売を希望していた志願者の回にて)

ueno

3人が代表でやる場合の条件として、経理、営業、技術
それぞれが独立した能力の持ち主なら絶対うまくいく。

僕は必ずトップになってから会社を辞めているんです。

その気持でやってきたから必ずトップになった。
20回トップになったということは、
独立したら必ず成功するんです。

私がなぜ、企業のトップになれたかというと応援団だったから。
応援団をやっていた人はビジネスには向いているんです。

恥を恥と知らないから、人前で馬鹿な大声で喋れる。

社会はいま、そんな変な人を必要としているんです。

(郊外型洗車ビジネスの回にて)

まとめ

サラリーマンとして優秀な方でも、ここまでの失敗してしまうなんて、
経営というのは大変厳しい世界なのですね。

そんな中でも経営を続けられている社長は流石ですよね。

sadahiro2

再び上野社長をテレビで拝見できる日を心待ちにしたいと思います。

というわけで今回は、マネーの虎に成功者として出演されていた
元ノシアス代表の上野健一社長についてまとめてみました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。