スポンサードリンク

2016年4月11日に放送された「コロシアム!ズバットTV」
に東大生起業家の龍崎翔子さんが出演されたそうです。

ryuzaki

現役の東大生でありながら、
ホテルオーナーとして起業しているという龍崎さん。

なぜ、そんなことができたのでしょうか?

最近は、Qさまにも出演するなど、
テレビ番組での露出も増えてきた竜崎さん。

そこで今回は龍崎さんの経歴や、
ホテルを経営することになった経緯などを調べてみました!

龍崎翔子のプロフィールや経歴!Qさまにも出演?

ryuzaki3

名前:龍崎翔子(りゅうざきしょうこ)
出身:京都(東京生まれ)

東大・文化2類の1年生で休学し、北海道の富良野のペンションを借りて、
ホテル経営を行っている竜崎さん。

小さいころに読んだ「ズッコケ三人組ハワイに行く」
に出てきたハワイのホテル王に影響され、
自分も素敵なホテル経営をしたいと思ったようです。

Airbnbという宿泊場所を貸し出すWebサービスを使い、
インバウンド(外国人観光客)をターゲットに収益を上げているそうです。

同級生などで自宅の空きスペースを一室貸してお小遣いを稼ぐ人はいましたが、
本格的にホテルを借り切って経営する学生を見たのは初めてですね。

ライブドア社長の堀江貴文さんいわく、
富良野を選んだ龍崎さんは、かなり賢いのだそう。

スポンサードリンク

龍崎さんが富良野のホテルを選んだ理由とは?

龍崎翔子 ペンション

あの名作ドラマ「北の国から」のロケ地にもなっている富良野は、
修学旅行客などの観光名所にもなっています。

平成21年に「風のガーデン」効果で、
訪問者が120万人を超えたこともありましたが、
インフルエンザ流行などで減収。

最近は、日本を訪れる外国人観光客の増加で
再び注目が集まっています。

hurano

富良野のホテルは 露天もあり温泉宿が2食付きで5000円と、
リーズナブルな価格でありながら、
料理などのクオリティもそんなに悪くないそう。

この地域を選んだ龍崎さんは
経営的なセンスがあるといえますね。

また、儲かるという理由だけでなく、
こんないきさつもあったのだそう。

「アメリカ留学時に気づいたのは、どこのホテルも同じような感じ。」
「もっと地域の特色や文化を感じられるホテルがあったら良いな。」

そう思った彼女は、
理想のビジネスプランを描き、周囲にぶつけていったそう。

その後東大に入学し、ハーバード留学などを経てホテルの勉強をしようと考えていたようですが、
その時点で、夢の実現に向けて行動できていないことにいら立ちを感じていたのだと。

そのころ日本で普及し始めていたAirbnbに目をつけ、
渋谷のホテルでアルバイトを経験後、業界では最先端ともいえる、
ライフスタイルを提案するホテル」の経営をスタートさせたのだそう。

東大生というだけで尊敬しますが、
同じ学生として、同年代で起業している方は、
まぶしすぎて直視できないですね。笑

大学生でもネットお金を稼いでる人はたくさんいますけど、
東大生は取るリスクもスケールも全く違いましたね。

龍崎さんには、
ぜひ成功をつかみとっていただきたいと思います。

というわけで今回は、
学生起業家の龍崎翔子さんについてまとめてみました!

スポンサードリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。