スポンサードリンク

「希望の党」と「民進党」との合流に伴い
新たに新党が誕生するようです。。

今回の新党(国民民主党」の結成に伴い、
合流に反対するメンバーで
新たに「希望の党」が結党され、

参院議員の「松沢成文」氏が代表の座に就いています。

この「松沢」氏とは、
一体どのような人物なのでしょうか?

今回は、「希望の党」の代表に就任した「松沢成文」氏について、
プロフィールや経歴のほか
気になる評判などをまとめてみました!

松沢成文の経歴や評判まとめ 

名前:松沢成文(まつざわ しげふみ)
出身:神奈川県・川崎市(多摩区)
生年月日:1958年4月2日(60歳)
所属:よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業の芸能プロダクション)

松沢氏は、慶應義塾大学の法学部・政治学科をご卒業され、
3期生として松下政経塾に入塾します。

在籍中には、「ベバリー・バイロン連邦下院議員」の政策スタッフなどを経験し、
1987年の神奈川県議選に
無所属(進歩党の推薦)を受け初当選、2期つとめられています。

その後は、結党にも参加した「新生党」公認を受けて、93年の衆院選(神奈川9区)に出馬し初当選
3期つとめた後
2003年の神奈川の県知事選で当選を果たし2期。

任期途中には、受動喫煙防止条例の制定などといった
神奈川県から、全国初となる先進的な取り組みを推進し、
注目を集めていたようです。

99年には、「民主党」代表選挙に立候補したものの、
「菅直人」氏に敗れています。

13年に、「みんなの党」から出馬した参院選で当選、

2017年には、「希望の党」創設メンバーとなり、
参議院議員団の代表に就任されています。

これまでには、離党を繰り返しており

新生党→新進党→国民の声→民政党→民主党→
無所属→みんなの党→次世代の党→希望の党

と、様々なの党を渡り歩かれている松沢氏ですが、

スポンサードリンク

松沢氏は希望の党の代表に就任するも?

2018年の5月7日に、「希望の党」と「民進党」が合流し
「国民民主党」が結党されています。

「民進党」との合流には反対の立場であった「松沢」氏らは
「保守改革路線を継承する」などと
同名の新党「希望の党」を立ち上げており、

「松沢」氏を代表として、5名でスタートすることに。

「松沢」氏に対しては、このような声も

そんなに悪い人事ではないと思う、この人が代表なら

一方で、このような声も

この人は何がしたいのか、保守ということ以外良く分からない

保守系中道(右左のどちらにも偏らず、中正の政策を行う政治家)
などとも言われている松沢氏ですが、

朝鮮学校への補助金の留保、外国人への参政権反対を掲げているから
一応は、保守だと思うけど、
そこまで目立った功績はなさそうだなー。

「民進党」系の人材がいなくなった今、
「松沢」氏は今後、
どのような政党を目指し、活動していくのでしょうか?

新「希望の党」の今後の動きに注目していきたいですね。

というわけで今回は、「希望の党」の代表に就任した「松沢成文」氏について、
プロフィールや経歴のほか
気になる評判などをまとめてみました!

また追加の情報があれば、アップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

入江伸子の経歴や旦那との再婚の噂まとめ!都民ファーストの会から2017年の都議選に