スポンサードリンク

長く人生を生きていると、
目上の人と食事に行く機会も、
1度や2度くらいは、ありますよね。

そこで食事を奢っていただいた場合

嬉しくもあり、申し訳なくもあり、
どのように対応したら良いか、
分からなくなる、という方も多いようです。

私も以前、お世話になっている方に奢ってもらった際、
「失礼はないだろうか?」などと
色々と考えて、緊張しっぱなしだったことがありました。

こういった場合における目上の方への対応の仕方(マナー)がわかっていないと、
いざという時に、
戸惑ってしまうものですよね。

そこで今回は、上司や先輩など目上の人物から
奢ってもらった際の、
相手に喜ばれるマナーについてまとめてみました!

スポンサードリンク

上司から奢られた際に気をつけたいマナーとは?

会社の上司などの場合、
部下を食事に誘った際には
できれば奢りたいもの。

今月は財布がピンチ、という場合でも
後輩には痩せ我慢してでも奢る、
という先輩もいますよね。

その場合、上司や先輩の顔を立てる意味でも
割り勘などにせず。
好意に甘えてしまいましょう。

ただし、相手が気持ち良く会計できるように
一応は、払う姿勢を見せることが重要です、

「次回は払わせください」などと伝え、
奢ってもらうのが当たり前、
といった態度を見せないことが大事。

自分が奢る立場だったとして
少しでも、払うそぶりをされた方が、
次もこの人と食事したいな、などと思いますよね。

自分が後輩などに奢る際には、
見返りを期待せず
ギブ&ギブの精神でいた方が、ストレスも少なく済みそうです。

また、会計の際には、トイレなど席を外すことで、
金額や相手の財布の中身などを
見ないようにしましょう。

その場で、食事の感想を伝えることも大事です。
この料理が美味しかった、
この店が素敵だった、など

もし、今度は私がご馳走します、などと
あなたが言った場合は、信頼関係に関わってくるので、
後日、その人と食事に行き、きちんと約束を守った方が良いです。

会計後には、その場できちんとお礼を言い、
次に会った時にも
再度、お礼することを忘れないようにしましょう。

まとめ

大人になると、親しい友人だけでなく、
上司や得意先などと
食事に行く機会が増えますよね。

特に、目上の方と食事に行く際には、
食べ方のマナー(音を立てない、食べる前にいただきます、を言うなど)も、
もちろん大事です。

AAAの元メンバーである「伊藤千晃」さんも
テーブルマナーの本(ティファニーのテーブルマナー)を
普段から、持ち歩いていたのだそうで、

そういったことからも、
大人の女性に、テーブルマナーは必須と言えるでしょう。
(もちろん、男性も)

下記は、映画「ティファニーで朝食を」で一躍有名になった、
NYのティファニー宝石店が出している
基本的なテーブルマナーが学べる本です。

上記は、おしゃれでデザインも可愛いので、
読んだ後は、書棚に飾っても良さそうですね。

食べ方のマナーが大事であるのは
勿論のことですが、

人間関係を良好にするための、
奢られマナーも大切です。

ビジネスシーンでは、会計時の接客マナーが、
顧客の獲得にも影響する、
などと言われていますし。

なので、上記でご紹介したような、
スマートなマナーを身につけて、
ぜひ、奢られ上手を目指してみてください!

というわけで今回は、目上の人から奢られた際の
お礼の方法などといった
スマートなマナーについてまとめてみました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

揚田亜紀の現在までの活動まとめ!マネーの虎の健康ドリンクビジネスのその後はどうなった?