スポンサードリンク

2017年7月の都議選ですが、情勢だけでなく
それぞれの候補者にも注目が集まっていました。

スクリーンショット 2017-12-09 午後2.26.26

中でも注目したいのが、小池知事の懐刀と呼ばれてる「荒木千陽」さん。

「都民ファーストの会」からは、何名か話題の候補者が出馬されていしたが、
荒木千陽さんは、その中でもかなりの大物なのかもしれません。

今回は、そんな「荒木千陽」さんについて、
プロフィールや経歴のほか、
話題の父親についてもまとめてみました!

気になる都議選の開票結果や、
その後の人事についても調べてみました!

荒木千陽のプロフィールや経歴まとめ!学歴がスゴい?

名前:荒木千陽(あらきちはる)
生年月日&年齢:1982年3月1日(35歳)
出身:熊本県

「荒木」さんは久留米大学の法学部をご卒業後、
法科大学院の法務研究科を修了されています。

2011年に小池知事の公設秘書になられています。

スクリーンショット 2017-12-07 午前7.28.45

6年前から「小池」知事の秘書になっていただなんて、
すばらしい先見の明をお持ちだったのでしょう。

荒木さんは、豪快さと女性特有の気配りをあわせ持つ方なのだそうで、
秘書として、「小池」知事に足りない部分を補われていたのかも。

以前には「小池」知事と同居していたという「荒木」さんなので、
将来は、知事を同じ破天荒な政治家になりそうですね(笑)

荒木千陽のオヤジは熊本の県議だった?

2016年には小池知事の第一秘書に就任された「荒木千陽」さんですが、
父親の「荒木章博」さんは、
熊本の県議会議員(無所属・5期)として活動されているそうです。

スクリーンショット 2017-12-09 午後1.21.41

2017年10月の衆院選には、
熊本でなく東京7区から出馬される予定とのこと。

「荒木」さんは、熊本の震災時には、被災した地域を見てまわったり、
危険な箇所を役所に報告して、復旧を早めてもらう頼んでいた人物だったようです。

熊本のために、誰よりも奮闘されていたという声も。

父親の背中を見て育った「荒木」さんも、
次第に政治を志すようになったのかもしれませんね。

「荒木章博」さんも「小池」知事のファンだったようです。

スポンサードリンク

小池百合子の秘書が都民ファーストの会から擁立!開票の結果についても

「荒木千陽」さんが戦われた中野区には、
「「小池」知事との記念撮影を拒否した」などとメディアに報道されていた
「川井しげお」都議などが立候補されていました。

スクリーンショット 2017-12-07 午前7.22.38

「川井」都議は、選挙演説でも「小池」知事を
強烈に非難されていたようですが、

蓋を空けてみれば、
選挙は「荒木」さんの圧勝となりましたね。

中野区は、古い体質の選挙区などと呼ばれていますから、
一般論でいえば、現職「自民」の都議が有利だったのかもしれませんが。

都議選(2017年7月)の開票結果のまとめ記事はコチラに

【追記】2017年7月の都議選で当選を果たされた「荒木」さんですが、「都民ファーストの会」「の野田数」さんが代表を辞任したことで
9月12日に、同政党のの新代表に就任されています。

スキャンダルまみれな「野田」さんは、
早くも降格となったのでしょうか?

「都民ファーストの会」の今後の先行きが
ますます不安になってきましたね。

さらに、詳しい情報が入り次第、
追記していきたいと思います。

というわけで今回は、2017年夏の都議選に立候補されていた「都民ファーストの会」の
「荒木千陽」さんについてプロフィールや経歴などをまとめてみました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

平慶翔氏の大学学歴(大学名)がついに判明!最終学歴はどこ?上申書が下村から??

若狭勝も胡散臭い?離党後の日本ファーストは大丈夫なのか?

斉藤礼伊奈氏(lecca)には早くもガッカリ?南多摩から当選するもさっそく新潮に?

現職のお騒がせ都議をまとめてみた!