スポンサードリンク

2017年7月16日に告示された横浜市の市長選。

スクリーンショット 2017-12-10 午前10.09.18

現在は、現職の市長である「林文子」氏が
他の候補者を一歩リードしているみたいですね。

今回の選挙では、「林文子」氏のほかにも2名の新人が立候補していますが、
果たして、誰が新たな市長に選ばれるのでしょうか?

気になりますよね?

そこで今回は、現「横浜」市長の「林文子」氏について、プロフィールや経歴などのほか
ネット上の評判などをまとめてみました!

林文子のプロフィールや経歴をまとめてみた!

スクリーンショット 2017-12-10 午前10.09.09

名前:林文子(はやしふみこ)
生年月日:1946年5月5日(71歳)

青山高校をご卒業後は、「フォルクスワーゲン」東京や「BMW」東京、
ダイエーの社長などを歴任された「林文子」氏。

これだけでも、ものスゴいご経歴ですよね。

2009年に、「横浜市長選」で初当選され、
現在、2期目をつとめられています。

これまでには、東京五輪(野球)や
ワールドカップの決勝戦(ラグビー)の開催地を誘致されるなど
市長として、数々の実績をお持ちのようです。

就任直後の2010年には「保育所待機児童解消プロジェクト」を発起し、
2013年には1552人(全国最多)から待機児童ゼロを達成した
などと公表されていた「林文子」氏。

統計上の数字では、ゼロとなっているみたいですが、、、

HURI

しかしながら、依然として横浜市では「保育園落ちた」
などの声が相次いでいたようです。

実際には、「保留児童」と呼ばれる
事実上の「待機児童」が1746人もいたのだそう。

この「保留児童」を含めなければ、「待機児童」に該当する世帯はゼロだ、ということだそうで、

これでは「インチキだ」「見せかけ上の数字をつくっただけ」などと
有権者から批判の声もあがっていたようです。

スポンサードリンク

過去には、ヘアメイク代を税金に含めたとして
批判を浴びていた「林文子」氏。

ネット上からは、「林」氏の良い評判は見つかりませんでした。

現在は、野党が応援する「伊藤ひろたか」候補との
一騎打ちになっているようです。

横浜市は「菅」官房長官のお膝元ということで、
「自民党」の「林」候補ややが優勢、と思いきや
房長官は地元では嫌われているみたいです。

23日の「仙台市長選」も野党の候補が勝利しましたし
ひょっとすると、逆転劇が起きるかもしれませんね。

スクリーンショット 2017-11-18 午後7.15.19

2017年の「横浜市長選は」、7月30日が投開票日となっています。

当日は、選挙の結果もまとめていきたいと思います。

というわけで今回は、横浜市長の「林文子」氏の
経歴や評判についてまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。