スポンサードリンク

29日に告示され、現職の任期満了にともない行われた
2017年の奈良の山添村長選挙が、いよいよ投開票日を迎えましたね。

茨城県知事選挙

今回は、3名(いずれも新人)が立候補を表明されています。

少子高齢化の問題を抱え、同村の誕生時と比べると、
人口が半分以下(8000人⇨3700人)に
減ってしまった山添村ですが、

そのような問題を抱える中で、
誰が次の村長に選ばれたのでしょうか?

今回は、2017年の山添村長選挙の
結果などをまとめてみました!

山添村長選挙2017の結果や票数をまとめてみた!

2017の8月29日に告示された奈良県の山添村長選挙ですが、
新人で、元村議会議員(2期)の「森中利也」氏(71)が初当選されています。

各候補者の得票数などは以下となっています。

森中利也(当選)無所属  2065票

和田浩昌(落選)無所属 281票

北浦一彦(落選)無所属  264票

森中氏は、「農業の振興や企業の誘致で歳入の確保に努めるとともに、
医療の充実などに迅速に取り組みたい」
などと話しているとのと。

同日(3日)には、村議選も行われており、
定数10人中、現職7人、新人3人、元職1人、の合計11人の戦いとなっています。

スポンサードリンク

各候補や情勢についても

村長選への立候補を
表明されていたのは下記の3名です。

教育支援団体の職員であり、
無所属(新人)の「和田 浩昌」候補(41)

wada

義務教育の無償化のほか、病院や商業、
役場の機能を持つ総合施設の構想を主張されていました。

対するは無所属・新人の「森中 利也」
(もりなかとしや)候補(71)です。

mori2

これまでには、山添村議会議員選挙で2回ほど当選されています。

選挙では、「ふるさと納税」の拡充など財源確保に意欲を示し、
「しっかり村のかじ取りをしたい」などと発言されていました。

最後は、無所属・新人で山添村の役場職員(元)
「北浦 一彦」(きたうらかずひこ)候補(58)

kita

「北浦」候補のSNSなどは発見できず、
ネット上からは情報が見つかりませんでした。

今回、大差で勝利した「森中 利也」氏は、新人とはいえ、
これまでに村議(2期)や村職員をつとめられており、
知名度などで、他の候補者よりは有利だったのでしょyね。

まとめ

前回(2013年)の選挙では、
元副村長であった「窪田政倫」氏が
無投票での当選を果たされています。

ku

「窪田」氏は、今回の選挙には立候補されなかったようです。

さらに詳しい情勢などが判明次第、
こちらに追記していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

せたな町長選挙2017年9月3日の開票結果まとめ!候補者の票数や情勢も

田野畑村長選挙2017の開票結果まとめ!票数や投票率も

東海村村長選挙2017の結果速報!現職の山田修が当選確実か?

八幡浜市議会議員選挙2017の結果まとめ!立候補者や票数なども

並河健(奈良の天理市長)の出張サービス騒動への評判wwww