スポンサードリンク

9月17日に告示された岡山市長選挙が
ついに投開票日を迎えましたね!

人口およそ72万人、岡山県の県庁所在地である岡山市

スクリーンショット 2017-09-26 午後5.22.05

今回は現職の「大森雅夫」候補と新人の「矢引亮介」候補の
一騎打ちとなっていたようです。

果たして、どちらが次の岡山市長に選ばれたのでしょうか???

同日には、市議の補欠選挙も行われていたみたいですが、
今回は、2017年の「岡山市長選挙」について
開票の結果をまとめてみました!

岡山市長選挙2017の開票結果をまとめてみた!

今回、立候補を表明されていたのは、
自民や民進、公明、「維新の会」が推薦する
現職の「大森雅夫」候補(63)

前回(2013年)の市長選では76,487票を獲得し、初当選されています。

スクリーンショット 2017-10-01 午前10.45.28

過去には、旧「建設省」の大臣秘書官や「国土交通省」の局長をつとめられており、
新人5人での争いとなった
前回(2013年)の岡山市長選で勝利しています。

対するは「共産党」が推薦する新人の「矢引亮介」候補(47)

スクリーンショット 2017-09-26 午後5.21.19

「共産党」では、倉敷地区の委員長などの役職に就かれ
「市民本位の市政をつくる会」の代表委員としても活動されています。

「矢引亮介」候補については、
こちらの記事でもまとめています。

2017年の岡山市長選は、この両者の戦いとなっていましたが、
20時現在、大森市長の2期目の当選が確実となったようです。

「大森」候補は今回、無党派からも多く支持を獲得されたようです。

スクリーンショット 2017-10-01 午後10.02.24

候補者の獲得票数は以下となっています。

当選)大森雅夫 12万8821票
落選)矢引亮介 3万1644票

スポンサードリンク

岡山市長選挙2017の情勢や投票率も

今回、争点と言われていたのは
世田谷区に次いで全国ワースト2となる待機児童の問題のほか
高すぎる保険料、市街地の活性化など。

保険料も毎年、値上がりしているみたいですね。

昨年(2016年)隠れ待機児童(カウントされてこなかった児童)が発覚し、
その数が前年比5倍以上となる729人に増加した岡山市。

ようやく問題が浮かび上がってきた段階、
といったところでしょうか????

今回の市長選で、最大の争点となっているのは、
現職による、これまでの市政の評価だそうですが、

支援する政党の影響力が強すぎて
そのあたりや政策などもボケてしまいそうな気も。

地方の選挙の場合は一般的に、現職が有利だと言われていますが、

岡山市長選の投票率は????

気になる岡山市長選の投票率ですが
過去最低となる28・35%だったようです。

今日、投票に行ってきたけど、
投票所は静まりかえっていたなー。

ちなみに前回(2013年)の投票率は、
33.34%で
こちらも過去最低を記録していたみたいですが。

前回は、今回のように与野党がタッグを組んで現職を応援しており、
争点が明確になっていなかったことが
低い投票率の原因ではないかと言われていました。

今回も現職が圧倒的に有利で、盛り上がりに欠けたため、
「30%を下回ってしまうのではないか??」

などと、前回よりもさらに低い投票率を
懸念する声もあったみたいですが、

その不安が現実となってしまいましたね。

58万人もいた有権者の多くは、
衆院選に興味が移ってしまったのでしょうか??

abe

ちなみに、期日前の投票者の合計は4万3394人であり、
前回と比べて0.5%(210人)増加していたようです。

昨年から、選挙権年齢の引き下げが行われているので
若年層の有権者が増えたことで
投票者の数自体は増えていたのかもしれませんが、、

次回の選挙での、投票率の向上に期待したいですね。

というわけで今回は、2017年の岡山市長選について
開票の結果などをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

山梨市長選挙2017の開票結果をまとめてみた!票数や情勢なども

スクリーンショット 2017-09-26 午後5.21.19

矢引亮介のプロフィール経歴ほか評判も!共産党から2017年の岡山市長選挙に

武蔵野市長選挙2017の開票結果(10月1日最新速報)票数や情勢なども