スポンサードリンク

元フジテレビのアナウンサーの「長谷川豊」氏が
「維新の党」から今回の衆院選に出馬されており、
現在、ネット上で話題になっています。

在住先の千葉市から、今回の選挙を戦われる「長谷川」氏

スクリーンショット 2017-12-07 午前7.22.44

以前は、テレビで見かけることもあった
「長谷川豊」氏ですが、例の騒動後には
あまり名前を聞かなくなりましたよね。

お子さんも3人いらっしゃるとのことですが、
いったい現在は、
どういった活動をされているのでしょうか?

今回は、フリーアナウンサーの「長谷川豊」氏について
現在までの活動などをまとめてみました!

長谷川豊のこれまでの活動がヤバい?

名前:長谷川 豊(はせがわ ゆたか)
出身:奈良県・奈良市
生年月日:1975年8月12日(41歳)

局アナ時代、ニューヨーク滞在中に
経費の不正利用を行なったとして
担当していた番組を降格することになり、

スクリーンショット 2017-12-07 午前7.22.38

その後、フジテレビを退社されている「長谷川豊氏。

フリーアナウンサーとなってからは、ネットで人気を集め、
数々のテレビ番組にも出演されています。

これまでには、透析患者への発言のほか
「女の8割はハエ」「60歳以上は選挙権をはく奪するべき」発言など
数々の炎上発言を繰り返してきたという「長谷川」氏。

騒動の後には、「言動が全部稚拙」
「社会人として不適切な態度だった」
などと謝罪の会見を行われていたみたいですが、、、

視聴者からは、このような声も

テレビ番組などの仕事を全て降板し
「収入ゼロ」となってからは、
企業の顧問をつとめるなどのお仕事をされており、

収入も10分の1に減ってしまっていたようです。
(フリーアナ時代の平均月収は600〜700万)

「長谷川」氏は、マスメディアの改革を目指されているそうで、
現在、「AbemaTV」などのネットテレビへの出演などのほか、
社団法人の理事などもされています。

スポンサードリンク

長谷川豊は維新から衆院選に出馬するも炎上落選か?

2017年10月22日投開票の衆院選(千葉1区)に、
「維新の会」公認で出馬されている「長谷川豊」氏。

代表と親交があり、党と考え方が近いようで、
現在は、第一選挙区(千葉)の支部長もつとめられているとのこと。

「維新の会」なので、選挙資金は全て自腹で捻出されているのかもしれません。

スクリーンショット 2017-12-05 午前9.04.32

南関東の比例名簿の順位は1位となっており、
比例で、維新と書いた場合「長谷川」氏が当選してしまうとのこと。

以前は、東京MXの番組「バラいろダンディ」で
司会者として、政治系のニュースなども扱われていた「長谷川」氏ですが、、

この頃から、国政をお考えになっていたのかもしれませんね。

そんな「長谷川」氏ですが、期間中に道路交通法違反で警察から免許停止処分にされたとの情報も

「長谷川」氏は、事実無根だとしてツイート内容を否定しています。

私が道交法違反をし警察に呼び出されている、
などと言う事実無根のtweetも出回っているようです。

ひょっとすると、同県に住む同姓同名の「長谷川豊」氏のことなのかもしれませんが、
それにしても、タイミングが良すぎますよね。

ネット上からは、このような声も

このニュースを聞いた時、
こいつなら、やりかねないなーと思った

「またか」とだけ思ってしまった、
特に驚くようなことも無かったな。

この報道が事実かどうかは、ともかくとして、
今回もこの調子では、選挙終盤にかけて、
党員の足を引っ張ってしまいそうな気もしますが。

このような声も

比例は維新に入れようと思ってたけど
「長谷川豊」がいるのが分かったから辞めたわ

果たして「長谷川」氏は、今回の選挙で、
当選を果たすことができるのでしょうか??

選挙期間中に免停処分を受けるという、前代未聞の不祥事を起こした「長谷川」氏なので、
最悪の場合、公認の取り消しどころか、
維新から除名されてしまうかもしれませんね。

スクリーンショット 2017-12-02 午前7.38.12

仮に当選できたとしても、「上西小百合」議員みたいには、
ならないでいただきたいものですが、、、(笑)

開票の結果が判明次第、当サイトでも
まとめていきたいと思います。

というわけで今回は、2017年の衆院選に立候補中の
長谷川豊氏について、現在まで活動などをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。