スポンサードリンク

「朝まで生テレビ」などの番組でおなじみ
ジャーナリストの「田原総一朗」さん。

スクリーンショット 2017-12-07 午前7.22.38

ネット上では「野党をえこひいきしている」などと言われていますが、

22日の「テレビ朝日」「選挙ステーション2017」では、視聴者の意見に激怒しています。

以下のような発言も飛び出しましたね。

自民党は勝ちすぎですよ。これはおかしいよ。
だってね。本当はね安倍政治の総括だったんですよ。

安倍政治ってのはね、森友・加計
あるいは共謀罪、ろくなもんないんだよ。

それが何にも治ってないんだよね。

びっくりするほど露骨な左翼発言ですよね、、、、

田原は「選挙結果が気に入らず、最初からイライラ全開」だったなw

今回は、あまりに左に寄り過ぎている気もするが

確かにジャーナリストとしては、
偏っているように思えますが、

そんな「田原総一郎」さんに対して、最近は、
発言をする際に「くちゃくちゃ音を立てて五月蝿い」
などの感想を持たれている方が多いみたいです。

最近の田原さんに、何があったのでしょうか??

今回は、そのあたりについてまとめてみました!

田原総一朗のくちゃくちゃが五月蝿いのはなぜ?

スクリーンショット 2017-12-04 午前9.05.21

口を開くたびに、くちゃくちゃ音が鳴るので、
視聴者から苦情が入ることも多いという田原総一朗さん。

朝まで生テレビで、口をくちゃくちゃするの、
やめて欲しいなー。唇も曲がっているし、

歯笛が本当に鬱陶しいわー
喋ってない時も口がモゴモゴ動いているし

昔の「金さん銀さん」みたいなくちゃくちゃ音が気になって、
話の内容が入ってこない

他のコメンテーターの話も、頭に入ってこない

本番中も口をパクパクさせて、
ひょっとして、収録中に
ご飯食べてるのか??

入れ歯のせいだとも言われていますが、

食事の際に、音を立てて食べるのと同じような、
不愉快な印象を視聴者に与えてしまっているようです。

スポンサードリンク

田原総一朗のくちゃくちゃは、なんでそんなにうるさいのか?

「口部ジスキネジア」という病気の可能性も
指摘されている田原総一朗さん。

「口部ジスキネジア」は60歳以上の女性に多く見られるもので、
口や舌が無意識に動いてしまう病気です。

原因は、抗うつ剤などの薬物の副作用や
加齢などが様々なようですが、、

この病気にかかると、口の周りが意識せずに勝手に動いてしまう
などの症状が発生してしまうとのこと。

スクリーンショット 2017-12-04 午前9.09.17

入れ歯の不具合などによって、
症状が出てしまうのだそうで、

田原さんの場合は、すでに83歳というご高齢なので、
当然入れ歯もしているでしょうし、
そういったことは仕方ないような気もしますが、、

ネット上からは田原さんに対し、このような評判も

くちゃくちゃもそうだが、左翼に偏っていること、
議員を呼び捨てにするのも、人の話をさえぎる態度も不愉快

左寄りのジャーナリストの存在も必要なのかもしれませんが、
認知症と思われる症状も出ているようですし、
田原さんは、そろそろ司会者を引退した方が良さそうですね。

というわけで今回は、ジャーナリストの田原総一郎さんについて
くちゃくちゃの評判などをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

上杉 隆の町山智浩や安倍晋三との関係とは?デマ騒動の評判も

山口敬之は何者?北朝鮮に詳しいジャーナリストは自民寄りの安倍の犬?