スポンサードリンク

26日に告示された2018年の長崎県の県議会議員の補欠選挙が
ついに投開票の日を迎えましたね!

およそ135万人の人口を抱え、九州地方の西端部に存在する長崎県

スクリーンショット 2018-01-28 午後6.19.04

県の周囲を海に囲まれ、
対馬、五島列島などといった
971の島々が存在しています。

ご当地の料理である「長崎ちゃんぽん」や
カステラの主要産地としても有名ですよね。

長崎は、人類至上で
最後となる核兵器が投下された県でもあります。

日本のもう一つの被曝先である広島県でも
同日、選挙が行われています。

そんな長崎の今後の行く末を占う、大事な県議補選。

昨年、県議による政務活動費の普及など問題になりましたよね。

大村市と松浦市の県議の欠員に伴う
今回の補欠選挙ですが、
2つの市を合わせて、合計で6名(3名ずつ)が立候補しています。

今回は、2018年の長崎県議会議員の補欠選挙(松浦市)について
開票の結果をまとめてみました!

どちらの市も定数1に対して、3名が立候補しており、
果たしてどの候補が
新たな県議に選ばれたのでしょうか?

長崎県議会議員補欠選挙2018の結果や票数をまとめてみた!

現職である「友田吉泰」県議の市長選への出馬に伴う
長崎県議(松浦市区)の補欠選挙ですが、
本日(4日)、各投票所にて投票が行われていました。

長崎県では同日に、県知事選および大村市選挙区での県議補選も行われています。

開票の結果、松浦選挙区では新人の「高橋 勝幸」候補が
他の2名を破り、初当選されています。

候補者の得票数は以下となっています。

当選)高橋 勝幸 4000票
   石本 政弘  3620票
   久枝 啓介  2373票

大村市の選挙区では、「民進党」の新人で「おおむら子ども食堂実行委員会」の副代表「牧山 大和」候補、
自民推薦で元県議の「松本 洋介」候補
自民の推薦する元大村市議の「北村 貴寿」候補の3名が立候補しており、

こちらは、元職の松本 洋介候補が再選されています。

スポンサードリンク

長崎県議会議員・補欠選挙2018の候補者なども

カジノなどの統合型リゾート施設(IR)の誘致の是非や、
九州新幹線・長崎ルートの規格化などのほか
諫早湾干拓の開門調査などが争点と言われていた今回の県議補選。

無駄な公共事業だと言われている
石木ダム建設の是非や、
県民の所得向上など

様々な課題を抱えている長崎県。

そのような中で、県議に立候補されていたのは以下の3名です。

新人の久枝 啓介(ひさえだ けいすけ)候補 (46)

市内で、高齢者施設などを運営されており、
社会福祉法人「敬昌会」の理事長をされています。

新人の石本 政弘(いしもと まさひろ)候補(63)

石本 政弘

以前は、衆院議員の秘書として活動され、
選挙では、「第1次産業の振興を図る」などと
ご自身の出身(農業)を生かした訴えをされています。

新人の高橋 勝幸(たかはし かつゆき)候補(68)

過去には、松浦市の市議を3期連続でつとめられています。

今回、「自民党」の推薦を受けて出馬されており、
これまでの市議経験を生かすなどと、選挙で訴えています。

今回の補選は上記3名(いずれも保守系)の戦いとなっていました。

長崎県議の補欠選挙2018の投票率についても

前回(2014年)長崎県知事選の投票率は
過去最低となる40.72%であり、
前々回(2010年)は60.08%でした。

スクリーンショット 2018-02-04 午前9.50.58

今回は、県知事選が盛り上がらず、
低い投票率が予想されているので、
県議の補選も、似たような数字になりそうです。

今回の松浦市の有権者数は、1万9367人(大村市が7万7075人)

最終的な投票率は、大村市区が44.47%
松浦市区が52.16%と
いずれも前回の県知事選を上回る結果となりましたね。

というわけで今回は、2018年の長崎県議の補欠選挙について
開票の結果をまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

山口県知事選挙2018結果をまとめてみた!保守王国だが接戦となるか
名護市議会議員補欠選挙2018結果まとめ!沖縄基地が争点の名護市議補選