スポンサードリンク

2月7日(日本時間)の午後0時に、「台湾」の東部を震源とする
マグニチュード6.4の地震が発生し、
日本人9名を含む280名以上がケガを負っています。

スクリーンショット 2018-02-07 午後3.19.10

親日で知られている台湾ですが、
色々と大丈夫なのでしょうか?

私も台湾人の友人が数人いるので、
気になってはいたのですが、、、

日本人の安否も気になりますよね。

今回は、2018年に台湾で起きた地震について、
現在までに判明している情報をまとめてみました!

台湾地震2018の最新速報をまとめてみた!

7日に、台湾東部の花蓮県から北北東におよそ
21km付近を震源とする地震があり、
震源の深さはおよそ10キロほど。

この地震で市の建物(ホテルなど)が倒壊するのほか、
現在までに、17名が亡くなり、
280名以上がケガをしていたようです。

築年数の古い建物では、地震に耐えられなかったのかもしれません。

市の建物の耐震対策が、イマイチだったとも言われていますが、

一時的に、およそ700家屋が停電し、
4万家屋が断水するなどの被害もあったようです。

地震の直後から、被災地で救助活動が行われていたようですが、

余震が続く中で、建物に取り残された方の捜索が行われ

8日には、専門家による救助チームが、日本から派遣され、
建物に取り残されている行方不明者の
捜索活動を支援していたのだそう。

連絡の取れない5名(中国籍)の救助活動が続いていたものの、
11日現在、全員が亡くなっていたそうで
救出活動は終了し、ビルの取り壊しが行われるとのこと。

政府は今後、災者の生活支援や
被災地の再建を本格化させるそうです。

余震や二次災害なども心配ではありますが、

スポンサードリンク

義援金など日本の支援や救助隊は?

台湾東部にある花蓮(ファーリエン)市は、
観光地として有名な市であり

ホテルでは、宿泊者であった日本人30名が避難していたようです。

7日のSNSでは、台湾加油といったワードがトレンドになっているようで、

「加油(ジャーヨウ)」は中国語で「頑張れ」と読み、
被災した台湾の方々を応援するコメントが
多くの日本人から寄せられていたとのこと。

親日国である台湾は、日本が東日本震災に見舞われた際、
いち早く支援の申し出を行い、
定期預金を解約するなどして、およそ200億もの義援金を届けてくれました。

熊本地震の際にも、6400万円ほどをいただいたいます。

スクリーンショット 2018-02-07 午後3.04.38

そのようなことが過去にあったため、
募金ルートさえ、きちんとしていれば、
募金して恩返しをしたい、と考える日本人も多いようです。

2月9日現在までに、沢山の支援金が集まっているみたいですね。

日本では、数名のタレントなどが金銭的な支援を発表し、

他には、シンガポール政府などが
支援物資を送ったとのこと。

人気アーティストによる応援メッセージも

物資を送るよりは金銭的な支援の方が有効でしょうし、
ピンハネされたら意味がないですけどね。

大きな被害があったのは倒壊したホテルだけだったようで、

むしろ、今回の地震の風評被害で、
台湾への旅行者が減ってしまう方が、
国にとってはマイナスなのかもしれません。

ネット上には、台北など他の観光地は無事なので
旅行の予定をキャンセルしないで欲しい
などといった声が寄せられています。

私は今年、台湾旅行を予定しているので、
寄付するお金を節約して、
その分、現地でたくさん使おうと思っていますが、

スクリーンショット 2018-02-07 午後3.20.54

もちろん、日本にもいつ大地震が来るかわからないので、
今後は、私たちのの住む町の災害対策にも
関心を向けていきたいものですね。

何か進展があれば、こちらに追記していきたいと思います。

というわけで今回は、2018年に台湾で起きた地震について
被害の状況などといった
最新の状況をまとめてみました!

また追加の情報があれば、アップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

スタバ福袋2018は、買い占めグループのおかげで店舗限定からオンライン予約に?

山田千賀子が3度目の逮捕か?自己破産した現在も年収3000万
建国記念の日の自称右翼の行動がヤバすぎる?