スポンサードリンク

2018年の若桜町長選挙が
ついに投開票の日を迎えましたね。

人口およそ3000人ほど、鳥取県の東南部・最東端に位置する若桜町(わかさちょう)

スクリーンショット 2018-02-08 午後7.07.21

町の全体が豪雪地帯となっており、
森林など自然に囲まれ
産業の中核となる観光資源も豊富だそうです。

県などが出資している第三セクター方式の鉄道会社
「若桜鉄道」が所在する町でもあります。

そんな若桜町の将来を占う町長選ですが、

無所属の現職としてこれまでに3期務めた
「小林昌司」氏は今回、不出馬を決めており、
事実上の引退となったようです。

そのため、新人同士の一騎打ちとなっていた今回の選挙ですが、
果たしてどちら候補が
新たな町長に選ばれたのでしょうか?

今回は、2018年の若桜町長選挙について
開票の結果をまとめてみました!

若桜町長選挙2018の結果や票数をまとめてみた!期日前の投票についても

任期満了に伴う今回の若桜町長選挙ですが、
2月7日~2月10日、午前8時30分~午後8時の時間帯に
町役場の2階で期日前の投票が行われていました。

本日(2月11日)は午前7時~午後7時の時間帯に
町内で投票が行われ

スクリーンショット 2018-01-21 午後4.13.52

開票の結果、新人の矢部 康樹候補が、
上川候補を破り初当選されています。

各候補者の得票数は以下となっています。

当選)矢部 康樹 1447票
   上川 裕見子 891票

同日には、町議選も行われ、
定数10に対し
11名が立候補しています。

スポンサードリンク

若桜町長選挙2018の候補者についても

「わかさ氷ノ山自然ふれあいの里」や「クソギの大滝」
「若桜ゆはら温泉」など観光名所が多く、
主な産業となっている若桜町。

少子高齢化や町の活性化の対策などが
今回の選挙の争点となっていました。

今回の町長選に立候補されていたのは以下の2名です。

新人の上川 裕見子(かわかみ ゆみこ)候補 (59)

上川 裕見子

金融機関や団体の職員などを経て、
町議として4期、活動されています。

NPO法人理事や主婦としての肩書きもお持ちで、
前回(2014年)の町議選では、
紅一点の候補者としてトップ当選されており

今回の選挙では、「若い世代などが積極的に意見することが可能な
開かれた町政を目指したい、などと語っています。

公約としては、少子高齢化への対策として、子育て支援の拡充や
主産業となる観光の振興などを掲げています。

矢部 康樹(やべ やすき)の候補(56)

矢部 康樹

1987年から町の役場に勤務され、福祉課長やふるさと創生課長
総務課長など重要な役職をご経験されています。

今回「自民党」の推薦を受けており
「町職員としての経験を生かし、人生をかけて町政運営を行う、
などと発言しています。

現職による町政の継承と発展を掲げ、移住や定住、若者の定着率をあげる策のほか、
高齢者の健康促進や、
観光振興などの推進を訴えています。

今回の選挙は上記2名(いずれも無所属・新人)による
一騎打ちとなっていました。

若桜町長選挙2018の投票率についても

スクリーンショット 2018-01-21 午後4.13.37

前回(2014年)の町長選は、
現職が無投票での再選を果たしています。

前々回(2010年)の投票率は85.61%でした(有権者は3530人)。

今回の有権者数は3026人ほどですが、

新人同士の戦いとなっているので、
そういった意味では、比較的高い投票率が
期待できそうでしたが、

最終的な投票率は79.27%
以前と比べると、そこまで高くは無かったようですね。

というわけで今回は、2018年の若桜町長選挙について
開票の結果をまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

谷口圭三のプロフィールや経歴まとめ!津山市長選挙2018での評判も
香春町長選挙2018結果まとめ!現職不在で前回超えの投票率も?