スポンサードリンク

本日(2月11日)は、国民の祝日である「建国記念の日」です。

私は以前まで、「建国記念日」だと思っていましたが、
「建国記念の日」が正解みたいですね。

この祝日をめぐっては、
以前から政治的な対立が生まれていたようです。

なんでも、「建国記念日」の反対派による集会が
毎年のようにニュースになっていたとのこと。

いったい何が、起きていたのでしょうか?

今回は、「建国記念の日」に対する右翼と思われる方々の行動や
反対派がパレードをする理由などをまとめてみました!

建国記念の日の由来や意味とは?

日本の建国を祝うための日(祝日)である「建国記念の日」。

「建国記念の日」である2月11日は、初代天皇とされている「神武天皇」が
天皇に即位した月日を、明治に新暦に換算した日付だそうですが、

1948年以降、アメリカの占領によって、
廃止させられていたものの、
「佐藤栄作」内閣によって祝日法を改正され、1967年から復活しています。

スクリーンショット 2017-12-09 午後1.21.06

安倍首相は4年前から、建国記念の日に合わせて
毎年メッセージを出しているとのこと。

今年(2018年)は、「尊い平和と繁栄を次の世代に引き継ぐため、
困難な課題を乗り越え、より良い未来を切りひらいていく」
というコメントを出されていました。

「幾度となく大きな困難や過酷な試練に直面してきたわが国だが、
先人のたゆまぬ努力で平和で豊かな国を築き上げ、
自由と民主主義を守り、人権を尊重し法を貴ぶ国柄を育ててきた」

「尊い平和と繁栄を次世代に引き継いでいくため、尽力していく
伝統を守ると同時に、変化を恐れず困難な課題にも果敢に挑み
乗り越えていく。

そうした努力を積み重ねることで、よりよい未来を切り開いていく」

9日の「平昌五輪」の開会式にも参加されていた「安倍」首相ですが、

今年は総裁選が控えているので、そのあたりも頑張っていただきたいですね。

スポンサードリンク

建国記念の日にデモやパレードを行う反対派とは?

スクリーンショット 2018-02-11 午前9.49.21

本日(11日)、表参道では「奉祝記念行事」のひとつとして
「奉祝パレード」が行われているとのこと。

国内の神社や仏閣でも建国祭が行われています。

「建国をしのび、国を愛する心を養う」
という趣旨の建国記念の日ですが、

一方で、建国記念の日に反対している方々もいるようです。

反対派の主張として、「国民を戦争に動員するために使用された紀元節が、
戦後、建国記念の日として復活した」

「天皇中心主義を唱えるような建国記念の日は、
思想や心境の自由を損ねる」など

今年も東京や沖縄で建国記念の日の粉砕闘争が行われるそうです。

祝日なので、休んだ方が良い気もしますが、、、

建国記念の日に対する右翼の態度とは?本当に右翼なのか??

こうした反対派の行う集会に、天皇主義を掲げて
反対しているのが右翼と思われる方々だそうです。

双方の意見の食い違いから、
暴力事件に発展することも。

本日(2月11日)にも、右翼と思われる黒塗りの街宣車が、
「君が代」を大音量で流して
「西名阪」の自動車道などを走っていたとのこと。

本当に、迷惑極まりないですよね。

「神武天皇」をまつる奈良県の「橿原神宮」(かしはらじんぐう)は
本日、右翼や機動隊、警察官と一般人で大混雑だ、、、

こうした右翼?VS左翼?の対立は今後も続きそうですね。

というわけで今回は、「建国記念の日」に対する右翼の行動
反対パレードをする理由などをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

台湾地震で台北市の被害状況(2月10日速報)旅行への影響や震源からの距離も

SEALDs(シールズ)が解散した理由とは?ほなみや牛田の就職先なども
桜井誠の都知事選での支持率が高すぎる理由とは?本名や正体なども