スポンサードリンク

広島県・府中市の市長選挙が
いよいよ近づいてきました。

人口およそ4万人、広島県の東部に位置する府中市(ふちゅうし)

尾道市や福山市に隣接しており、
近年は人口減少が著しい自治体です。

府中市は、備後都市圏の一部を形成しています。

備後都市圏とは、旧備後国 (現在の広島県の東部)の南部である福山市を中心に、
岡山県・西部など、一部の地域に及ぶ都市群の総称のことです。

また、市の地場産業には家具作りがあります。

その家具は、府中家具として知られており、
その歴史は江戸時代から続いています。

また電動工具などで世界的に有名なダイカストトップメーカー「RYOBI」も
府中市にその本社があるなど、
工業的にも成熟したエリアです。

そんな特徴を持つ府中市で、市長選挙が行われます。

今回の市長選は現職と新人の一騎打ちです。
果たしてどちらの候補に、
4年間の市政が託されるのでしょうか?

今回は、広島県・府中市の府中市長選挙について
候補者や日程などの情報をまとめてみました!

府中市長選挙2018の結果や票数などの情報をまとめてみた!

15日に告示された、任期満了に伴う2018年の府中市長選挙ですが、
各投票所で期日前の投票が行われています。

投票日の22日は市内27カ所で、投票が行われる予定です。
原則、午前7時から午後8時ですが、
10カ所の投票所では、午前7時から午後7時までとなっています。

その後は午後9時から、府中市立総合体育館にて、
開票作業がスタートします。

同じ日には、府中市議選も実施予定で、
定数20の中で争われます。

府中市長選の開票結果や得票数などについては、


情報が判明次第、追記していきたいと思います

スポンサードリンク

府中市長選挙2018の候補者などについて

今回の府中市長選に立候補されているのは以下の2名です。

現職の戸成 義則(となり よしのり)候補 (76)

府中市役所に入庁し、退職後に府中市議会議員に当選。
2006年から2年間、議長をご経験されています。

2期目を目指す「戸成」候補ですが、
市長としての給料を半減させて、
そのお金で出産応援金制度を新設しました。

当初は、進退を未定にしていましたが、
今年3月に、出馬の意向を表明しています。

新人の小野 申人(おの しんじ)候補(61)

市議として活動しており、
今回が市長選に初めてチャレンジします。

ちなみに「小野」候補も、
2014年から市議会議長をご経験されています。



府中市の人口減少を食い止めるために
、
産業振興、過疎脱却を訴えています。

今回の選挙は現職と新人2名(いずれも無所属)の戦いです。

小林市長選挙2018の過去の投票率についても

前回(2014年)に行われた、府中市長選挙の投票率は
70.23%(有権者数3万4768人)でした。

前回の選挙では、無投票の公算が高かったところ、
当時の新人であった「戸成」候補が出馬し、現職に勝利しました。

今回、戸成候補は、同じ議長経験者の新人を迎えて、
2期目に向けた選挙に挑みます。

今回の府中市長選の投票率についても、

詳細な情報が判明次第、こちら追記していきたいと思います

というわけで今回は、2018年の府中市長選挙について
候補者や日程などといった
現在までに判明している情報をまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

広島市議会議員補欠選挙2018結果(3月18日速報)安芸区の市議補選の行方は?