スポンサードリンク

「余命三年時事日記」をめぐる騒動が
ネット上で話題になっていますね。

なんでも、ネトウヨ(ネット右翼)界のカリスマと言われている
「余命三年時事日記」のブログ内の投稿を真に受け、
支持者(ネトウヨ?)が、弁護士団体に懲戒請求を大量に送ったものの、

自分の個人情報も知らされてしまうことが判明し、
パニックに陥っているようです。

「余命三年時事日記」の関係者である「小坪」氏いわく、個人情報の流出騒動は、
反余命グループの数名によるものだそう。

小坪氏については、こちらの記事で詳しくまとめています

そんな「余命三年時事日記」とは、
一体、どのような内容のものなのでしょうか?

今回は、余命三年時事日記の正体などのほか、
話題になっている
官邸へのメール騒動をまとめてみました!

余命三年時事日記(ブログ)の正体とは?内容もまとめ

メディアとしての影響力も大きく、コピーサイトや
ミラーサイトまで存在している余命三年時事日記。

余命三年を宣告されたブロガーが、残された人生をかけて、
保守系の情報を発信していく、といったコンセプトで、

日々、記事(エントリー)が更新されており、
その内容が次々と現実になっていく、
などと話題になりました。

すでに10冊もの関連書籍が発売されており
反日を切り、日本の弁護士会の崩壊(新弁護士連合会の設立)を目指す
日本再生ブログだとの声も。

「余命3年時事日記」の正体(運営者)については、
「鳥取ループ」という人物ではないか?
などと、一部で噂になっているようですが、

「鳥取ループ」はネット上のブログネームのことですが、

この名前で2005年から活動しているのは、
ITソフトの開発などのお仕事をされている
宮部龍彦(37)氏および、

フリーライターの「三品純」氏(43)なのだそう。

両者は、これまでに何度も行政を相手に
裁判を起こしていたようですが、
「余命3年時事日記」とは全く関係のない人物みたいですね、

現在の運営者は?

実際のところ、初代の余命さん(かずさん)は
5年前に亡くなられており、
数人のプロジェクトチームでブログを運営、

現在の運営者は、三代目であり
攻撃派な人物なのだそう。

ブログへのアンチも多いようで、以前はSo-netブログで運営していた「余命三年時事日記」ですが、
一度は運営会社によって、閉鎖されるも、
復活していたようです。

メンバーの個人情報なども明らかにされており、

まだまだ、一般的な知名度はそこまで大きくない「余命三年時事日記」ですが、

今回の騒動がマスコミなどにも大きく取り上げられた場合、
彼らの活動が、全国的に認知されることになるかもしれませんね。

というわけで今回は、「余命三年時事日記」の正体などのほか、
話題になっている
官邸へのメール騒動をまとめてみました!

また追加の情報があれば、アップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

岡村幹雄 (日本第一党)のプロフィールや略歴まとめ!都議選は八王子から?

桜井誠の支持率が高すぎる理由とは?本名や正体についても

SEALDs(シールズ)が解散した理由とは?ほなみや牛田などメンバーの就職先も