スポンサードリンク

13日に告示されていた、現職の急逝に伴う愛媛県・大洲(おおず)市長選が、
ついに投開票の日を迎えましたね!

市長選挙は2009年以来、9年ぶりとなり、
前市教育長と前市議の
新人2候補による一騎打ちとなっています。

同時に告示された市議会議員の
補欠選挙(被選挙数1)は、

建設会社代表で新人の松徳憲二(まつとく けんじ)氏(53)=無所属=
の無投票での当選が決まりました。

脳内出血のため、63歳で亡くなった
前市長の清水裕(しみず ひろし)氏は、

旧建設省に入庁後、愛媛県土木部長などを経て、
国土交通省退職後の
2009年に市長に就任しました。

その後2回の選挙は無投票で、3期目の任期途中でした。

地元のダム工事事務所長や副市長も歴任しており、
4月19日に執り行われた市葬には、
700人余の市民が参列しました。

「伊予の小京都」といわれる大洲市は、
2005年に旧大洲市と旧長浜、旧肱(ひじ)川町、
旧河辺村が合併して誕生しました。

歴史を感じさせる城下町ですが、
約4万4000人の人口は、
合併当時から6000人ほど減っています。

過疎化、高齢化はもちろん、
公共施設の維持管理や住民の足確保などが、
深刻な課題になっているようです。

市の代表的な観光資源は鵜(う)飼い。
鵜飼いの開催地は全国各地にありますが、

肱川を舞台に、鵜匠船と客船の屋台船が並走しながら下る
「合わせ鵜飼い」の手法と光景が特徴的です。

筆者のイメージだと、「四国といえば清流でしょ」となるのですが、
先ごろ、四国巡りをしてきた友人によると、
この肱川も「有数の清流」だそうです。

さらに、長浜地区の「跳ね上げ式」の道路架道橋や、
河辺地区の「屋根付き橋」は、
隠れた観光名所? だそうですよ。

そんなわけで今回は、9年ぶりの選挙戦となっている
「大洲市長選挙2018」について、候補者や公約、日程など、
現在までに判明している情報をまとめてみました。

「大洲市長選挙2018」の候補者はこんな人

(届け出順=いずれも無所属)

・新人の二宮隆久(にのみや たかひさ)候補(63)

合併後に市の財政課長や教育部長などを歴任し、
2003年から教育長を務めてきました。

「清水市政の継承」を強調し、「4つのC」をアピールしています。
清水市長が市政の基本として挙げていた

「チェンジ(変革)、コラボレーション(協働)、チャレンジ(挑戦))」に、
市民との対話などの意味を込めたコミュニケーションを加えた」と、
支援を訴えています。

小学校の統廃合推進や新給食センターの建設、
肱川地域の治水対策などを
主な公約に掲げています。

・新人の上田栄一(うえだ えいいち)候補(63)

市議4期目の途中での立候補となりました。

2005年、JA職員からに市議となり、
副議長などを歴任。

昨年の市議選では「自民党」公認で立候補しましたが、
市長選立候補にあたり、離党届を出しています。

「議員の経験を生かし、市民に寄り添った市政」を強調し、
「市政を市民の手に取り戻す好機」と訴えており。

山間部の買い物難民対策、高校生までの医療費無料化、
東大洲地区へのJR新駅新設などを政策に掲げていたようです。

スポンサードリンク

「大洲市長選挙2018」の投票率と有権者についても

これまで5回の投票率は下記の通りです。

2017年8月は無投票
2013年9月は無投票
2009年9月は72・40% (元市長の逝去に伴う選挙)
2009年1月は64・84% (元市長が再選)
2005年2月は75・11% (合併・新市誕生後、初の選挙)

同じく投開票日の「当日有権者数」は下記の通り。
無投票の年の有権者数は「告示日直前」です。

2017年8月 約3万7800人
2013年9月 約3万8800人
2009年9月 約4万 200人
2009年1月 約4万 400人
2005年2月 約4万1800人

「大洲市長選挙2018」の日程についても

投票は本日(20日)に
市内49か所で行われており、

一部投票所の1時間繰り上げ措置を除き、
午前7時から午後8時です。

「期日前投票所」は下記の5か所に開設されていました。

・市役所2階大ホール
・長浜体育館1階会議室
・肱川支所3階会議室
・河辺支所2階会議室

いずれも、14日から19日の午前8時半から午後8時です。

・青島コミュニティセンター
14日午前9時半から
午後3時半の日程で行われました。

2017年の衆議院議員選挙で、離党の青島は台風の影響などで
定期船が運行できず、期日前・当日とも投票できませんでした。

そのため、今回は「告示日翌日」に期日前投票所を設け、
日程に余裕を持たせたみたいですね。

「朝は霧だったけど、海も静かな好天気。無事に済みました」と担当者。
悪天候の場合には15日に順延する準備もしていたそうです。

「あとは運ぶだけ」。離島ならではの心配と苦労ですね。

開票は20日午後9時10分から、市役所2階大ホールで実施されます。

夜遅くには、市政を担う新市長が判明する見込みです。

「大洲市長選挙2018」について、現在までの情報をまとめてみました。
追加情報がありましたら、この欄にアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

亘理町長選挙2018開票結果まとめ!町議補選の候補者についても