スポンサードリンク

日本の仏教哲学サークルである光の輪(ひかりの輪)

アレフの立ち上げ人である「上祐史浩」氏ら
脱「麻原」派によって
2007年に設立されているこの団体ですが、

山田らの集団という、もう一つの団体を加え、
合計で3つの団体が
オウムの後継として存在しています。

アレフについては、コチラの記事で詳しくまとめています

ひかりの輪は現在、世田谷区の南鳥山に本部を置き、
宗教哲学の追求を目指し

日々の活動を行なっているとのこと。

何やらよくわからないですが、
ようは一体どのような団体なのでしょうか?

今回は、宗教法人であるひかりの輪について、
会の活動や目的などのほか
アレフとの違いなどを調べてみました!

ひかりの輪(宗教法人)の場所や人数は?アレフとの違いも

オウム真理教の元幹部であった
上祐代表によって
設立された「ひかりの輪」ですが、

分裂騒動の際に左遷されたという上祐代表

「松本智津夫」氏への絶対的な帰依を強調する
主流派の「アレフ」とは違い、
「オウム真理教」の総括や反省のもと設立され。

上祐代表いわく、「オウムの被害者への賠償を続けるための財源確保」や、
「信者のオウムや麻原信仰からの脱却の支援」
「身寄りの無い信者の生活援助」などの役割を担っているのだそう。

慈善事業を行う団体になった、
などと主張しているようですが、

それが本当であれば、何も問題はなさそうですね。

もはや宗教団体でもなく、仏教哲学などを学ぶ学習教室(仏教哲学サークル)として
不定期で「哲学セミナー」などの
配信を行なっているとのことです

オウム臭や怪しさを取りのぞくことで、会員数の増加を狙っているのでしょうか

本部があるのは、世田谷区の南烏山

公安の立ち入り調査が行われた仙台や名古屋、福岡といった
九州・東方地方などに支部が存在しています。

支部内では、上祐代表によるセミナーが行われることも。

アレフと合計すると、国内に32箇所もの拠点があることに。

札幌を中心に信者1500人を抱えているアレフに対し、

2014年12月の団体発表では、ひかりの輪の
専従会員(出家)17 名、
非専従会員(在家)97名、総計114名と公表されており、

年々、力が弱まってきている
などと言われていまが。

アレフは、2010年〜15年で会員数200人増、35歳未満が6割と、徐々に力をつけているとの声も。

スポンサードリンク

信者の芸能人はいるの?

タレントの清水富美加さんの幸福の科学への出家など

芸能人と宗教団体のつながりが
話題になることが多い昨今、

今の所、ひかりの輪に入信している芸能人などはいないようですが、

有名人ほど、そういった宗教にのめりこみやすい、などとも言われていますし、

今後は、特に若いタレントの方が
入信する可能性はありますよね。

団体の目的など、真偽はともかく、
麻原氏の刑が執行されたことで、今後何らかの形で、
トラブルに発展しないかなど、心配ですが。

世田谷区・烏山にあるひかりの輪の拠点では、
毎年2回、抗議のデモが行われており、
200名以上が参加しているとのこと。

松本氏が亡くなった後の、
今後の団体の動向などに、
注目していきたいですね。

というわけで今回は、宗教法人であるひかりの輪について、
会の目的などのほか
アレフとの違いなどを調べてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

山田らの集団という組織がヤバい?代表や事務所(拠点)なども

アレフの意味やオウムへの入信理由とは?現在の代表やひかりの輪との関係も