スポンサードリンク

「有吉ジャポン」の人気企画となった成り上がりジャポン。

第1回の「成り上がりジャポン」では、
バー店長の柴田達規さんが見事に勝ち上がり、
井戸社長から3000万円の投資を獲得されましたね。

柴田達

板橋区の小さなバーの雇われ店長だった柴田達規さんですが、
井戸社長から投資を受けたその後は、いったいどうなったのでしょうか?

今回は、成り上がりバー店長となった柴田達規さんの
現在の活動についてまとめてみました!

柴田達規の現在!井戸社長のお店で修行中?

見事、井戸社長から3000万の投資を獲得された柴田さんですが、
その後、すぐにはお店をオープンしなかったそう。

井戸社長の関連のお店で、スタッフとして手伝いなどをしつつ、
少しずつオーナー店長のいろはについて学んでいくことになったようです。

柴田さんの修業の場所は、オープンしたばかりの
井戸社長の会社が業務提携※しているという
立ち飲み居酒屋の「晩杯屋」の武蔵小山店です。

※業務提携とは、企業同士が特定分野での業務上の協力関係を結ぶこと。

ido

そんな話題性もあってか、「晩杯屋」は、
オープンから1時間で満員になったとのこと。

初日の売り上げは32万だったようです。

様子を見に来た井戸社長からは
「毎日、売り上げを少しずつ増やすことだけを考えて」
などとアドバイスをされていましたね。

このやりとりは、なんとなく「マネーの虎」で
投資を獲得した志願者とのやりとりに似てる気がしますね・・・

スポンサードリンク

柴田達規がオーナー店長を辞退?代わりのオーナーは誰に?

せっかく井戸社長からの投資を獲得したにも関わらず、
オーナー店長を辞退してしまったという柴田さん。

頭ではわかっていたものの
3000万円というプレッシャーに耐えられず、
そのようなご決断をされたみたいですね。

huri26

しかもLINEで「辞めます」と井戸社長に伝えていたそうで
社長から「さすがにないな」と言われてしまっていました。

3000万という金額について

過去の「マネーの虎」の志願者の中にも、ここまで大きな金額を獲得した人はいなかったので
柴田さんは相当なプレッシャーを感じていたのでしょう。

私だったら1万円でもかなりのプレッシャーになりそうです。(笑)

その点、柴田さんと最後の方までオーナー店長の座を競った木下知樹さんは、
数千万の借金を自ら背負っているので、
精神面では、柴田さんよりもタフな方なのかもしれません。

木下知樹

木下さんの場合、家を買うためなので、柴田さんのケースとは違うという意見もありますが、
家や車を買わず、結婚もしない若者がこれだけ増えている中で、
その逆をいっているので、やはり凄いのではないかと思います。

そういえば、柴田さんのような結末は
過去に「マネーの虎」でも何度かありましたよね。

現在放送中の「成り上がりジャポン」セカンドシーズン参加中のもう一人のたっちゃんこと村野達郎さんも、
マネーの虎で1000万円の投資を獲得した後、辞退していましたね。

murano

代わりのオーナ店長になるのは?

この番組を見て、井戸社長のもとにオーナーをやりたいという志願者が押し寄せていたそうで
現在「井戸」社長は、代わりのオーナー候補を育てているのだそうです。

井戸さんいわく、「柴田さん以上に良い人がとれた」そうで、
結果オーライということでしょうか。

siba

あれだけ番組が盛り上がっていただけに、オーナーの辞退は残念ではありますが、
柴田さんにはまた別のチャンスを得て、成り上がりっていただきたいですね。

柴田さんは、現在も「たまり場」で働かれているそうなので
今のところは会いにも行けそうです。

というわけで今回は、成り上がりバー店長となった柴田達規さんの
その後の活動についてまとめてみました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。

関連記事

manemurano

成り上がりジャポン最新第2弾ラーメン編の出演メンバーまとめ