2016年6月の舛添要一氏の辞任を受けて、
都知事選挙に立候補する候補者が
連日のように話題になっていますね。

中でも一般支持率40%以上を獲得されているのが
在特会(一部の悪い在日の外国人の特権を許さない会)
の代表をつとめる桜井誠さんです。

桜井誠 都知事選挙

ここまで人気の候補者がいたなんて、
いったいこの人は何者なのでしょうか?

今回は、桜井誠さんの正体
都知事選挙での公約についても調べてみました!

スポンサードリンク

桜井誠の正体は?経歴や本名もまとめ

本名:高田(木村)誠
出身:福岡県
年齢:44歳(無所属)

母子家庭で育ち、弟の学費の面倒もみていたという桜井誠さん。

在日の外国人が嫌いで、2002年の日韓ワールドカップでは、
韓国語の翻訳ソフトまで使って
韓国人と討論していたそうです。

これだけを聞くと、オリンピックでの訪日外国人の誘致など
政策向きでない人柄のようにも思えますよね。

しかし、単に外国人が嫌いだというわけではなかったようです。

スポンサードリンク

桜井誠のネット民からの支持率が異常に高い理由!発言が過激すぎて嫌いな人も

桜井誠 支持率

過去には橋下徹さんと口論になったり、
韓国や中国の方々に批判を浴びせ、
差別主義者の権化との声もあがっていたという桜井誠さん。

マスコミからはヘイトスピーチ(人種や宗教などにもとづく個人への批判)などと非難されており、
公約では、都内に住む外国人への生活保護の廃止などを訴えていました。

その過激な発言の数々に、
一般人から広く受け入れられるのは難しいのでは?
など言われてしまっています。

これほどまでに桜井誠さんが注目されている理由は、
一部の政治家やテレビ局などの反日活動に
気付いた都民(国民)が増えていることなのだそう。

舛添要一氏が外国人を優遇する方針を出していたりと、
政治家のマスコミを巻き込んだ暴挙に対し、都民の不信感が高まっている中で、
桜井誠さんは突如、あらわれた救世主といったところでしょうか。

桜井誠のすごすぎる7つの公約

そんな桜井誠さんが掲げた7つの公約は以下のとおり、

1.都内在住の外国人の生活保護を止める
2.都内の不法残留者(外国人)を半減させる
3.反日ヘイトスピーチを禁止する
4.総連・民団への課税強化を図る
5.パチンコに規制をかける
6.韓国学校建設(舛添案)は中止。代わりに保育所を建設
7.お金がかかり過ぎる東京オリンピックの現行案を見直す。

どれも日本で問題となっている事件の解決策になり得ますよね。

都知事の最有力候補と言われる小池百合子さんですら、
パチンコ問題に切り込めるかは難しいところではないでしょうか。

根っこにある問題が非常に大きいことや利権がらみのため、
マスコミ各社や大手の新聞社なども桜井さんについて
やや偏った報道をしているとのこと。

桜井誠 公約

そんな核心をついた政策もあってか、政策桜井誠氏の支持率は、
一般支持率は40%以上 ネットに至っては80%を超えているとのことです。

そのことについて、大手のメディアはあまり取り上げていません。

インターネットが普及した今でも、マスメディアの影響力は強く、
大の韓国嫌いの桜井誠さんが大々的に報じられることはないとのこと。

大部分の有権者が、マスコミの情報を頼りに投票する選挙において
これ以上、票数を伸ばすことは難しいかもしれませんね。

舛添要一問題のおかげで世間の関心が高まっている都知事選挙ですが、
新党結成の噂もある桜井誠さんの今後の活動や投票結果に注目していきたいですね。

スポンサードリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。