スポンサードリンク

未だ緊張状態が続いている北朝鮮をめぐる外交問題ですが、
「北朝鮮」制圧の鍵を握るのは中国だと言われています。

そのような緊張状態の中で、中国のトップである習近平(主席)は
現在、何を考えているのでしょうか?

syu

今回は、中国と北朝鮮の外交的な関係に加えて、
習近平(主席)が激怒した理由についてまとめてみました!

中国は北のミサイルを抑止したつもりが悪化する可能性も?

北朝鮮に経済的な圧力をかけており、実験などの抑止に貢献している
などと言われている中国ですが、
実際には、抑止しているのは実験のみで、開発自体を抑止しているわけではない?との見方も。

中国が出している国際版の機関紙によると、共産党は「北が実験を行うなら、石油貿易を制限する」と発表しているが、実際はもともと石油供給していない。

加えて1月2月以降は北から石炭を買わないと発表しているのに、1~2月で1年分買っているんです。by山口敬之(北朝鮮や軍事に詳しいジャーナリスト)

要するに「中国」には「北朝鮮」という国が必要であり、
経済的な支援は続けたいということなのでしょう。

しかしながら、オバマ大統領とフロリダでゴルフ会談を行った習近平(国家主席)は、
北朝鮮への石油供給の停止という事実上の経済崩壊を引き起こす制裁を、
外交の切り札として北に示したのは間違いない、とも言われています。

中国側としても、北朝鮮に核を廃棄して欲しいなどと考えているようです。

roku

とはいえ現在も、国内の90%の石油を中国から輸入していると言われている北朝鮮なので、北が未だにミサイルを撃ってこないのは、中国の抑止のおかげということなのでしょう。

スポンサードリンク

習近平が北朝鮮に激怒していた?

過去には、実験を行う北朝鮮やマレーシアでの金正男氏が襲われた事件で、激怒していたと言われている「習近平」主席。

doa

マレーシアで起きたこの事件は、かなり話題になりましたよね~。

外交カードとしてでははなく、友人として「正男」氏との関係を築いてきただけに、
犯人と思われる正恩氏に対して、激怒していたのかもしれませんね。

習近平(中国側)としても、手のかかる北朝鮮にイライラしているのは間違いなさそうですね。

北の核の完全放棄を実現させたいアメリカのトランプ政権と、対話によって六者協議(中国を議長国とする六カ国協議)で丸くおさめたい習近平(中国)や北朝鮮とで
理想のシナリオ(落としどころ)が異なっていると言われている状況ではありますが、、、、

いろいろな登場人物の立場(視点)で考えることが大事なのかもしれません。

今後の北朝鮮をめぐる、中国の動きから目が離せなくなりそうです。

というわけで今回は、中国と北朝鮮の関係についてまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

北朝鮮の実験失敗はアメリカのサイバー攻撃によるもの?責任者は粛清されたのか?

【画像&動画も】金正恩の黒電話に似た髪型に側近が笑ってしまったた結果・・・・

金ハンソルは現在も本当に行方不明なのか?天才的に頭が良くてイケメンと噂の金正男の息子は今どこに?

シティ・アイシャの顔画像がついに判明!インドネシアのネットアイドルが金正男を攻撃?

yama21
山口敬之はいったい何者なのか?北朝鮮に詳しいジャーナリストが右翼側に寄り過ぎていると言われる理由