スポンサードリンク

12月20日に、静岡市内にある交差点で
小学生の児童二人が
大型トラックに跳ねられる事故が起きました。

スクリーンショット 2017-12-22 午前10.43.06

この事故で、小学1年生の男子児童が
頭などを打ち、重体となっているようですが、
いったい、この場所で何があったのでしょうか?

今回は、長田北小学校(おさだきたしょうがっこう)の
児童に起きた衝突事故について
現在までに判明している情報をまとめてみました!

小学生の児童を襲ったトラックによる事故とは?

12月20日の15時ごろ、静岡市・駿河区にある「長田北小学校」の前の
信号付きの交差点で、小学1年生の男女児童二人が
大型のトラックに轢かれる事故が発生しました。

男子の児童は現在、意識不明の重体となっており、
女子児童も、両足に怪我を負っているとのこと。

事故の詳しい原因などは、
現在までに調査中となっています。

今月の16日にも、兵庫県で10歳ぐらいの男子2人が
軽自動車に轢かれる事故が起きましたが、、、

こちらは、男子側の過失によるものだったと言われています。

スポンサードリンク

犯人は一体なぜ事故を起こしてしまったのか??

今回の事故で、静岡県警は、
過失運転致傷の疑いで、
トラックを運転していた男(53)を逮捕しています。

運転手の名前は、すでにテレビで公開されていたようですが、、、

スクリーンショット 2017-12-22 午前10.44.06

男性は、直進して交差点に入ってきたようで、
児童に怪我をさせたことを、認めているとのこと。

交通事故が起きた現場は、正門から20メートル離れた
交差点で、片側1車線の直線道路であり、

─────────
車⇨
=====
⇨車
─────────

やや見通しが悪く、車同士の事故が、
頻繁に起きる場所として知られていたようです。

運転手側が、下校する時間帯の児童に注意しながら走っていれば、
それほど危険な道でも無かったようにも思えますが、

ただ、小学1年生くらいだと、
急に飛び出してくることもありますよね。

運転手の素顔などは、現在までに公開されていませんが、
運転手側の過失ではなった場合、
名前を出すのは、かわいそうな気も。。。

今回は、児童2人が同時に轢かれているので、
ネット上では、「運転手の方に過失があったのでは???」
などと言われていますが、、

運転手にとって、初めての交差点であり、
スピードを出しすぎてしまっていたのでしょうか??

スクリーンショット 2017-12-18 午前11.42.04

運転手の男性は今回、重大な事故を起こしてしまったワケですが、
仮に男性側の過失が原因だとすれば、
過去にも、小さな事故(今回の予兆)などを繰り返していた可能性も。

予兆のあった内から、ご自身の運転に気をつけていれば、
今回の事故は避けられていたのかもしれません。

1つの重大な事故の背後には、29の軽微な事故があり、
その背景には、300の異常が存在する(ハインリッヒの法則)

53歳ということですが、運転歴が長いため、
慢心していたのかもしれませんが、

先週の高速道路で起きた逆走事故といい、
人の一生を台無しにしてしまうリスクもあるので、
運転する際には、気をつけていただきたいものですね。

というわけで今回は、長田北小学校の近くの交差点で起きた
児童のトラック交通事故について
現在までに判明している情報をまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

鷺坂翔太の経歴やインスタ画像も!東名高速での逆走事故はなぜ起きたのか?