スポンサードリンク

港区に本社を置く株式会社「メタップス」のグループ子会社である
株式会社(プリン)pringが提供する
お金コミュニケーションアプリ「pring(プリン)」。

プリンはQRコードによる加盟店での決済ほか
個人間の送金、資金の引き出しなどの機能を備えた
スマホ上の決済アプリです。

銀行口座への戻入れも可能になっているのだそう。

スマフォ一台で、全ての現金取引ができるのは便利ですよね。

連携する銀行口座から一度のタップで
スマフォ(アプリ)への入金が可能となっています。

銀行口座と直接的に結びついているため
手数料などもかからないとのこと。

今回このプリンが、「みずほ銀行」や「東邦銀行」などが共同で取り組む
キャッシュレス決済促進のための
構想の実証実験に採用されることになっています

ニュースが発表された直後に、メタップスの株価が急騰したようです。

今回は、 そんなメタップスの
話題のアプリ(pring)や
創業者についてまとめてみました!

メタップス(pring)の将来性や成長力が凄い?

3月8日に正式なリリースとなった「pring」。

その将来性など注目が集まっている親会社のメタップスですが、

お金をもらう、送る、払う、
全てが実現できる「pring」、

キャッシュレスの分野では世界的に遅れていると
言われている日本ですが、今後の訪日外国人の増加に伴い
アプリの登録者の伸びが期待できそうですね。

そろそろ3000円超えもあるかな???

実験は、福島県・富岡町周辺の店舗などで
今年の6月頃からスタートし、

「NTTドコモ」(決済端末)などが
協力しているとのこと。

アプリを使用するためには、「三井住友銀行」もしくは
「みずほ銀行」の口座が必要になるようです。

3月15日現在までAndroidには対応していないとのこと。

スポンサードリンク

佐藤航陽のプロフィールや経歴まとめ

1986年に福島県でお生れになったという佐藤航陽さん。

メタップスの代表である「佐藤」さんは、
15歳でビジネスをスタートされ、
2007年に現「メタップス」であるイーファクター株式会社を設立。

「メタップス」では、データソリューションなどの事業を行なっています。

23歳という年齢でありながら、2015年には東証マザーズに上場し、
145億円相当の資産を獲得したと言われている「佐藤」さん。

経歴から何から凄すぎますよね。

こういった若い起業家の方々が、
今後の日本を変えていくのでしょうね。

というわけで今回は、 話題のアプリ(pring)や
創業者の「佐藤」さんについてまとめてみました!

新たな情報が判明次第、
こちらに追記していきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。