スポンサードリンク

かつて「キングオブスキー」などと呼ばれ、
スキーの名選手として名を馳せた「荻原健司」さん。

94年の「リレハンメル」の冬季五輪では、2大会連覇を果たし、
世界選手権でも連続の金メダル獲得、
98年の長野オリンピックでは、日本選手団の主将をつとめられています。

引退後は政界に進出した、などと言われていた「荻原」さんですが、
現在は、どういった活動をされているのでしょうか?

気になっているという方が多いようです。

そこで今回は、元スキー(ノルディック複合)選手である
「荻原健司」さんについて、
現在までの活動をまとめてみました!

荻原健司は過去に政治家としても活動していた?

荻原 健司(おぎわら けんじ)
生年月日:1969年12月20日(48歳)
出身:群馬県・吾妻郡・草津町

スキーの種目の中でも、最も過酷と言われている
ノルディック複合の選手であった荻原健司さん。

ワールドカップでは、通算19勝(個人総合は3連覇)と、
圧倒的な成績を誇っていたようですが、

2002年にはスキー選手を引退されており、
2004年から自民党の参院議員として1期(6年)活動され、

経済産業大臣・政務官などを歴任されています。

1期目で政界から引退された荻原さんに対しては、このようなコメントも

政界へ出たところで、党から一時的に利用されるのがオチ。
若手議員には自分のやりたいことなんて出来ない、
そのことを身をもって知ったんじゃないかな?

当初は、熱い志を持たれていたのかもしれませんが、
途中で折れてしまったのでしょうかね。

荻原健司の現在の活動は?

政界を引退された後は、各地で講演を行うほか、
「上田女子短期大学」の客員教授としても活動されています。

モーグルの「上村愛子」選手などが所属する「北野建設スキー部」の部長や
社団法人「日本近代五種・
バイアスロン連合」の副会長もつとめられています。

スポーツ専門のキャスターとして
タレント活動もされている荻原さん。

どことなく、松岡修造さんのような見た目をされていますが、

2月の平昌五輪では、ノルディック複合競技の
放送解説を担当していたとのこと。

解説者としての評判はあまり良くなかったみたいですが。。。

全体的に的外れなコメントが目立ったようですね。

ジャンプ2位の選手はクロスカントリー
強くないって解説で言ってたけど、
めちゃくちゃ強かったじゃん 

熱くなりすぎて、冷静なコメントが出来なかったのでしょうか?

うるさ過ぎるし、時代についていけてない感じがするし、
なのに、上から目線というのも気になるなー

技術的な解説は素晴らしいけど、展開を読めてないなー、

一方でこのような声も

ほとんどが的外れだけど、この人の解説は熱くて愛があるから好きだなー

局にクレームが入ったのか、翌日の解説では
だいぶ大人しくなっていたみたいですね。

スポンサードリンク

荻原健司は元嫁とは離婚していた?気になる再婚相手も

スキー選手として絶頂期であった94年頃は、
世の女性から大人気だったという荻原健司さん。

94年にご結婚された最初の奥さん(陽子さん)とは
すれ違いなどを理由に97年に離婚されており、
05年に現在の奥さん(千春さん)と仕事で知り合い、再婚しています。

元奥さんは、ミス浦安に選ばれるのほどの美人だったようですが、
現在の奥さん(花田千春)さんとは、6年の交際の末に結婚、
千春さんは、14歳年下の女性だったみたいですね。

14歳年下の女性(おそらく美人)と結婚できるだなんて、本当に羨ましいですね。

健司さんの双子の弟であり、「ノルディック複合」種目で
長野オリンピックの日本代表にも選ばれた
「荻原次晴」さんも既にご結婚されており、3人のお子さんがいらっしゃるとのこと。

スポーツ界から政界まで
幅広い業界を渡り歩いてこられた
「荻原健司」さんの今後の活動に注目していきたいですね。

というわけで今回は、元スキー選手(ノルディック複合)の「荻原健司」さんについて
嫁や現在までの活動などをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。