スポンサードリンク

2018年のサッカーW杯の開催まで
間も無くとなりましたね。

今回の開催地はロシア。

W杯の日程や対戦カードなどが話題になる中で、
日の丸を背負って戦う、
代表選手にも注目が集まっています。

いったい、どんな選手が
代表に選ばれたのでしょうか?

気になっている方も多いようです。

今回の記事では、空中戦は国内トップクラスと言われている
「植田直通」選手について
プロフィール経歴などをまとめてみました!

ファンからは、非常にタフな選手だという
イメージを持たれている植田選手。

テコンドーが得意だという噂もあるので、
プレースタイルとの関係なども調べてみました!

植田選手はテコンドーが得意?プロフィールや経歴なども

生年月日:1994年10月24日(23歳)
出身:熊本県・宇土市
身長:186cm 体重79キロ
所属:鹿島アントラーズ
ポジション:DF(センターバック)

格闘漫画が大好きだという上田選手ですが、
小学生の3年時にテコンドーを始め、5年生の時には
世界大会出場されていたようです。

テコンドーは、韓国で創始された格闘技であり、
日本の松涛館空手をルーツとし、
多彩な蹴り技が特徴的なスポーツです。

小さい頃からテコンドーをスタートさせ、
中学生で日本チャンピオンにもなった上田選手ですが、
16歳でサッカーに転じており、

大津高校のサッカー部では、
3年時に主将として、
天皇杯全日本サッカー選手権大会にも出場されています。

今回、W杯の代表に選ばれるほどに
卓越した実力をお持ちの植田選手ですが、

経歴も凄まじかったのですね。

地元愛あふれる「上田」選手は、
熊本地震の直後から現在まで、
募金などの支援も行っていたようです。

スポンサードリンク

植田選手が怪我を気にせずプレーができる理由についても

2017年のVS中国戦では、Jリーグ(アントラーズ)ではCB(センターバック)でありながら、
日本代表では、DF(右サイドバック)として
デビューしていた上田選手。

精度の高いフィード(前方へパスを送ること)も
持ち味であり、
非常にバランスのとれた選手です。

フィジカルの強靭さや、テコンドー仕込みのメンタルのおかげで、
怪我を恐れない、
武闘派なプレースタイルをお持ちだという植田選手。

U-16※日本代表戦の直前では、目の上10針も縫うケガをしたものの
強行出場するなど様々な武勇伝をお持ちで、
とにかく、規格外の選手ということですね。

※アジアサッカー連盟(AFC) が主催する、
16歳以下のナショナルチームによる
大陸選手権大会のこと

16年のリオ五輪サッカー日本代表に選ばれ
「血を流すこと」を目標に掲げる植田は、
顔面を、合計で69針も縫っている恐れ知らず夢舞台に殴り込みをかけた。

サッカーと同じくらい
テコンドー歴が長い植田選手。

ハイキックなど、テコンドーで培った足技を活かし
アクロバティックなシュートを
披露されることも多いとのこと。

まとめ

間も無く、2018年のW杯が開幕しますね。

グラップラー刃牙にでてくる
「愚地独歩」のような、
頼もしくも、優しい「植田」選手ですが

ロシアで行われるワールドカップでの
日本代表としての活躍ぶりにも
注目していきたいですね。

というわけで今回は、サッカー日本代表である「植田直通」選手の
プレースタイル
テコンドーの経歴についてまとめてみました!

また追加の情報があれば、アップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

ネイマール(ブラジル代表)年俸や移籍金でメッシ越えかwwww???????