スポンサードリンク

ついにスタートしたワールドカップ・ロシア大会ですが、
日本代表は初戦のコロンビア戦で勝利し、
セネガルとは引き分けに。

セネガルで戦は、本田選手や乾選手の活躍が目立ちましたね。

セネガル選も気になりますが、
グループリーグ最終戦となる
ポーランド戦にも注目しておきたいところ。

キュリー夫人やショパンなど、
様々な分野で
偉人を輩出しているポーランド。

過去には2度、W杯で3位に輝いているものの、

W杯の本戦への出場は、今回が12年ぶり、
10試合で16得点と、歴代の最多得点を誇るレバンドフスキ選手を筆頭に、
ベスト16入りを狙います。

今回は、エースのレバンドフスキ選手と共に、ポーランドの躍進の立役者だと言われている
アダム・ナバウカ監督について、
その戦術や、評判などをまとめてみました!

アダム・ナバウカの戦術まとめ!ポーランドのイケメン監督の評判も

以前は、ポーランドの代表選手であったナバウカ監督(60)。

西野監督とは系統の違うイケメンですよねー。

髪型やメガネがオシャレで、
知的でダンディーなおじさま、などと
前評判のあったナバウカ監督ですが、

年齢を感じさせない魅力がありますよねー

「ダニエル・クレイグ」と伊東四朗を7:3で混ぜたような人だな

現役時代にはMF(ミッドフィルダー)として活躍し、
1978年のW杯(アルゼンチン大会)に出場、

選手を引退してからは、指導者として国内リーグで実績を積み、
2013年から代表監督に就任されています。

ユーロ2016の予選において、19度目の対戦で
ドイツ代表から
初めて白星を手にした監督であり。

欧州選手権で8強に進出したポーランドは、
王者ポルトガルと
最後まで追い詰める活躍ぶりでした。

組織的なチーム作りに定評があるナバウカ監督ですが、

欧州予選では、4バックを基本としていたポーランドは、

グリク選手やバズダン選手など
守備の要の選手を中心に
手堅い守りで、リーグを戦います。

ミリク選手など、FWも多数、
存在しているものの、

やはり、レバンドフスキ選手の決定力への依存が高く、
マークされてしまえば、、、と
その辺りが不安材料のようです。

日本も大迫選手などが集中的にマークされるでしょう。

とはいえ、セネガル戦でミスをしたので、
外されてしまう可能性もありますが、

欧州予選では、デンマークなどを抑え、
グループ首位として
本戦への出場を決めていたポーランド。

バイエルン(ブンデスリーガ)で得点王に輝いた
チームのエース・レバンドフスキ選手は
予選最多の16得点を挙げており、

非常に強力なストライカーです。

レバンドフスキ選手がポーランドの攻撃の要と言えそうですが、
日本チームとして
ポーランドの伝統のカウンター攻撃に注意したいところ。

現在、コロンビアに勝利し、
セネガル戦で引き分けており、
勝ち点4を獲得している西野ジャパン。

28日のポーランド戦が
16強への進出をかけた
最後の戦いとなりますが、

すでにポーランドは1時リーグの敗退が決定します。

昨年の12月は、日本を敵とみなしていなかった、
余裕ぶりをアピールしていたポーランドですが、

現在は日本を難敵、などと警戒しており、
ナバウカ監督は、しっかりと準備して
戦いに臨む、と発言しています。

一瞬のスキで展開が決まってしまいそうな、両チームの戦いですが、

ナバウカ監督は「日本は組織的に戦う良いチームだが、我々も最善をつくす」と、少しだけ前を向いた

次の試合、引き分け以上で、
決勝トーナメント進出となる西野ジャパンですが、

すでに、グループリーグで敗退している
ポーランドが相手とはいえ、

油断はできない、というか
そもそも格上ですし、

グループHで、チームのFIFAランクの差が
最も大きい戦いですからねー。

就任日数の差も歴然です

相手の守備のスキをつくことができれば、
勝利できる可能性も十分にありそうですが、

先の2試合では、フォーメーションに問題があった
などと言われている
ポーランド代表ですが、

「スペースが少なくて効果的な攻撃ができなかった」と責任を背負ったナバウカ監督。

コロンビア戦では初戦から陣形を変えた。4バックから3バックに変更して
中盤を厚くしたものの、
コロンビアの素早い出足に攻撃の起点をつくりきれな勝った。

日本にとって脅威なのは、すでに敗退が決まっているということで
ポーランドらしからぬ
予測不可能な采配(フォーメーション)や、選手が投入されること。

28日(木)同日には、セネガルVSコロンビアやイングランドVSベルギーという
日本チームにとって
重要な試合も行われますが、

まずは、ポーランド戦に集中したいところ。

西野ジャパンには、最後まで気を引き締めて、
できることなら、ポーランドに勝った上で、
決勝トーナメントに歩を進めていただきたいですね。

というわけで今回は、ワールドカップでポーランドを率いる
アダム・ナバウカ監督について、
その戦術や、評判などをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!
スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。