スポンサードリンク

サッカーW杯で、日本代表と
同じグループリーグを戦っていた
セネガル代表が、FIFAに抗議していたようです。

なんでも、セネガルサッカー連盟(FSF)が
FIFAに対し、ルールの見直しを求めるとともに、

日本代表の戦いぶりを非難していたとのこと。

一体、何があったのでしょうか?

今回は、その辺りについて、詳しい情報をまとめてみました!

セネガルが抗議していた理由とは?

今回のW杯で、
歴史的な敗退を喫していた
セネガル代表が、

1時リーグ通過をかけた試合で、
日本代表が、ポーランド相手に
試合終了までボールを回し、時間を稼いでいた件で、

日本にペナルティを課すべきだ、
などと
抗議していたことが判明。

FSFスポークスマンである「カラ・ティウネ」氏
「日本のフェアプレーの欠如は遺憾」などと
怒りをあらわにしていたようです。

今回、抗議していたセネガルに対しては、

やっぱり来たか、仕方ないよね、
といった声もある反面、

監督はカッコよかったのに、
潔くなくて、ちょっと残念、
後味が悪い、などといった声も。

グループリーグ敗退したセネガルは、3試合を終え、日本代表と勝ち点、
得失点とも、完全な同成績で並び、
直接対決の結果も互角であった。

最終的に、日本が決勝トーナメントへの進出を決めたのは、
イエローカードやレッドカードの合計数で算出される
「フェアプレーポイント」を比較した結果だった。

グループリーグの最終節ではセネガルがコロンビアに、
日本がポーランドにそれぞれ0-1でリードされ、

そのままのスコアで終了すれば
フェアプレーポイントの差で日本が突破できる状況であったが、

同点のゴールを狙おうとせず、時間稼ぎが明らかにみて取れた
日本の戦い方には
国内外から、賛否の声が集まっている。

アリウ監督は、今回の結果を受け入れていたようですが、

試合後の潔さを、国内から賞賛されていたシセ監督。

別のグループリーグのチームでは、
他にも遅延行為を働いた国もあったようで、

もちろん、ファールの少ない日本だからこそ
選択できたプレーではありますし、

昨年のマンUの試合で、悪質なファウルを働き3試合におよぶ出場停止の処分を受けたマネ選手。

日本の遅延行為は、決勝トーナメント進出という
重要な結果をもたらしたものなので、
国内から反発を買うのも、当然と言えそうですが、

セネガルはあまり裕福な国ではないですし、
そういった意味で、トーナメントに進めるかどうか、
日本よりもシビアに結果を求められていた、と言えるでしょう。

ベルギー戦の審判には、なんとセネガル人の三人が
選ばれており
海外メディアからは、疑問の声が投げかけられていたようです。

「カラ・ティウネ」氏も立場上、国内の世論を受けて、
こうしたコメントを出さざるを
得なかったのかもしれませんが、

日本側は、思わぬ形で
ペナルティ?を受けてしまいましたね。

というわけで今回は、W杯の日本代表が
セネガル代表から
抗議を受けていた理由などをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。