スポンサードリンク

7月2日に行われる日本VSベルギー戦ですが、
審判がセネガル人の三人という
驚きの抜擢が行われましたね。

日本とグループリーグ2位を争っていたセネガルですが、
先のポーランド戦で
日本代表の時間稼ぎに対して、抗議しており、

FIFAからまさかの措置が取られたようですね。

下の写真はベルギー戦の対戦成績、相当昔のデータではありますが、
ひょっとしたら、日本代表も善戦できるのでは?
と言われていた矢先の出来事

もちろん、アジアやヨーロッパからは選べないので
間をとってアフリカ
ということなのでしょうが、

中南米という選択肢もありましたからねー。

今回は、そんなベルギー戦で選ばれた、セネガル人の主審である
マランディディウ氏などについて
画像や評判などをまとめてみました!

マランディディウ主審の画像や評判まとめ!ベルギー戦の誤審は大丈夫か?

こちらが、マランディディウ主審であるマラン・ディディウ氏です。

かっこいいなどと話題のディディウ氏の画像

ディディウ氏

ディディウ氏は、これまでに
コスタリカ対セルビア戦や
ロシアVSウルグイアイ戦を担当しています。

副審はジブリル・カマラ氏、エル・ハジ・サンバ氏の両名。

第4審(主審が審判を続行できない際の代打)は
ガンビアの
バカリ・パパ・ガッサマ氏が担当することに。

バカリ・パパ・ガッサマ氏の画像(赤い服を着た人物)

ガッサマ氏は、選手交代や
アディショナルタイムの表示なども行います。

この3名の起用に対し、国内からは
キックオフの直後からレッドカードだ
という声も上がっていますが、

ディディウ氏の担当した2試合を見た視聴者からは、このような声も

見たことないレベルで、選手に細かく注意してはいたが、

ロシアにレッドカード出しても
荒れなかったし、優秀な審判だと思う

スポンサードリンク

まとめ

「日本のパスまわしは、フェアブレーと言えるのか?何らかのベナルティを与えるべき」
といったセネガルの抗議文が
FIFAに飲まれたことで、今回の人事となったのでしょう。

FIFAの決定に対し、海外メディアや
日本国内から
これはおかしい、といった声があがっています。

日本代表は、どうやらFIFAを怒らせてしまったみたいですね。

ロシア大会にも日本人の主審や副審は
いるのですが、
今回の試合には選ばれなかったようです。

セネガルの審判も、もちろん、
FIFAに選出された、
実績のあるエリートばかりなので、

誤審や、ベルギーびいきのジャッジをすることは
考えにくいですし、

今回からVAR(ビデオアシスタントレフェリー)が
導入されているので、
重大な場面での、誤審の心配も減っていますからね。

仮に、ベルギーが負けた場合、
審判三人が、
セネガル国民から批判を受けるのでは?との心配の声も。

この3名にとっては、担当したくもない試合だったでしょうし、
セネガル国民からのプレッシャーも相当なものでしょうね、

日本にとって不利なジャッジをした場合、
今度は、セネガルが
国際的な批判を受けてしまいそうですが、、、

多くのサポーターだけでなく、審判までも
敵に回してしまった日本代表。

一部で今回の抜擢は、FIFAの温情だとも言われていますが、

ここまで不利な状況を作っても日本が勝ったなら、

間違いなく実力があるということだから、
日本に文句は言うやつはいなくなる。

FIFAは汚名返上の機会をくれたわけだ

セネガルVSベルギー戦は、
7月2日の日本時間27:00(3日の3時)
キックオフが予定されています。

こちらの試合の結果も気になるところですが、

というわけで今回は、VSベルギー戦で選ばれた、
マランディディウ氏などの審判について
最新の情報をまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

FIFAランキングで日本が低い理由とは?過去最高の順位は歴代選手のおかげ?

ワールドカップ(ロシア杯)閉会式の日程や日本での放送時間は?決勝前に行う理由も

ロメルルカク選手の怪我の状態は?ベルギー代表は身長や筋肉もヤバ過ぎ

ベルギーサッカーW杯の代表メンバーまとめ!有名選手や監督なども