スポンサードリンク

W杯ロシア大会もついに決勝トーナメント開始となりました。

筆者的にはFIFAランク1位のドイツが
グループリーグ敗退という
事実が一番衝撃でしたね。

日本もグループリーグ敗退と予想されていましたが、
何とかグループリーグ2位を獲得し、
決勝トーナメントへ進出を決定させました。

(6/28のポーランド戦の試合内容は賛否両論ありましたが、、)

ポーランド戦では「主力メンバーを休ませ、
控えメンバーにW杯の環境に慣れてもらう」という事で

スターティングメンバーを
6人変更して試合に臨みました。

今回は、そんな変更されてスタメンとなった6人のうちの一人
「槙野 智章」選手について
執筆していこうと思います。

「槙野」選手が嫌われている理由や過去の退場の出来事、
プレーについて調査します。

槙野 智章のプロフィールについて

「槙野 智章」選手は1987年5月11日生まれで、
身長は182cm、体重は77㎏です。

現在、浦和レッドダイヤモンズに所属し、
背番号5番を身に着け
プレーをしている選手です。

W杯ロシア大会では背番号20番を身に着け、
ディフェンダーとして
最終ラインでの防衛を行います。

またディフェンスだけではなく、持ち前の高身長を活かしコーナーキックや

フリーキックといったセットプレーには必ず前線に上がり、
ボールに絡むプレーを得意としています。

スポンサードリンク

槙野 智章が嫌われる理由は?

本記事の本題であります「槙野」選手が
嫌われる理由について調査、考察します。

調査した結果「槙野」選手が嫌われる理由として
3つあると考えます。

サンフレッチェ広島から海外移籍

「槙野」選手は広島出身という事もあり2006年に
Jリーグのチーム「サンフレッチェ広島」に加入します。

2010年までプレーを続けますが、海外志向が強くなり
ドイツのクラブチーム「FCケルン」に移籍。

FCケルンでは2010年12月30日-2013年6月30日までの
契約でしたが思うように

結果が残せず2012年の1月に、サンフレッチェ広島時代の恩師

「ミハイロ・ペトロヴィッチ」に当たりJリーグへ戻ります。

この時「ペトロヴィッチ」は
浦和レッズの監督として就任していた為、
「槙野」選手も浦和レッドダイヤモンズへ移籍します。

ドイツにいる間にもメディアなどで
「戻るなら広島」と言い放っていたのにもかかわらず
浦和レッドダイヤモンズへ入団、

この時点で「広島サポーター」から嫌われてしまします。

お調子者、ムードメーカーが仇に

「槙野」選手は良くも悪くも「自分のしたい事をやる」
「もっと目立ってやる」というような向上心を持っています。

そのためサッカー選手でありながら、
芸能プロダクション「ホリプロ」に所属しています。

テレビやラジオといった
公共メディアにも数多く出演しており

この「やりたい事をやる」「もっと目立ってやる」といったスタイルは
ポジティブに考えれば「前を向いて進んでいる」

「誰にも縛られずに自由に生きている」というように考えられます。

このスタイルは周りを時に周りを巻き込むこともあり、
味方に対してポジティブな効果をもたらす事もあると思います。

ただ、悪く言えば「自己中心的」
「空気が読めていない」と見られることもあります。

こうした「槙野」選手の性格が
気に入らないという人がいる事も散見されます。

プレー中の感情起伏が嫌い

「槙野」選手は感情が前に出るタイプだと思います。

そのため相手との接触には考えるより、
体が先に動いているようで
しばしば揉め事に発展したりもしています。

また、ディフェンスでの競り合いに勝った時は
相手フォワード選手に対して
ガッツポーズをしたりしています。

こうした感情的で煽りがちな部分を見ていると嫌だな、
と思う方も出てくると思います。

槙野 智章の過去の退場について

「槙野」選手は、競り合いや接触プレーという様な場面で
考えるより体が先に動いてしまう事を前述しました。

この性格ですので、ファールをもらう事はしばしばありました。

ただ、2010年のW杯南アフリカ大会では全34試合のうち33試合に出場し、

どの試合でも警告・退場を受けずにプレーした事として
フェアプレー個人賞を受賞しています。

ただ、やはり熱くなる場面はある様で、2017年7月29日の
浦和レッズ vs コンサドーレ札幌戦で
ファールが起きてしまいました。

「槙野」選手と札幌の「都倉」選手が接触します。

このプレー自体は「都倉」選手のファールで両者倒れますが、
「槙野」選手が起き上がる際に
「都倉」選手の顔面を蹴ってしまいました。

これが悪質と判断され、レッドカード、退場となりました。

調査していて、そこまでラフプレーヤーとして
見られているわけではないという認識になりましたが、

やはり感情のコントロールは少し欠如している様な印象です。

<まとめ>

今回は「槙野 智章」選手について調査をしました。

調査した印象としては、熱い精神が良くも悪くも
人気不人気に、直結しているのかなと思いました。

また、プレー中も感情が前面に出てしまうようで、

そういった部分のコントロールが出来るようになれば
もっと優秀な選手に跳ね上がるのではないでしょうか。

筆者個人も浦和レッズサポーターなので、
「槙野」選手の熱い魂は感じております。

W杯のポーランド戦では、少しひやっとするディフェンスもありましたが、

今後も持ち前のムードメイク力で
チームメイトを巻き込んで
チームの地力を向上して欲しく思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。