スポンサードリンク

興奮冷めやらぬサッカーW杯(ロシア大会)ですが、
昨日まで、準々決勝が行われており、

ソチのスタジアムで行われた7月8日の試合では、
クロアチア代表がPK戦でロシアを破り、
準決勝への進出を果たしましたね!

16年の欧州選手権で、優勝候補に名を連ねていたクロアチア。

タレント揃いであるクロアチア代表の
主力選手の一人である、
MF(ミッドフィルダー)のラキティッチ選手。

ヨーロッパのトップクラスの選手の一人で、ボール運びに優れ、
ロシア戦のPKでは、準決勝への進出を決定する
ゴールを決めていましたね。

今回はそんなイバン・ラキティッチ選手について、
プレースタイルや
評判などをまとめてみました!

ラキティッチ選手のプレースタイルや評判まとめ!

名前:イヴァン・ラキティッチ
生年月日 1988年3月10日(30歳)
出身: スイス ラインフェルデン
身長:184cm
体重:78kg
ポジション:MF
背番号:4
利き足:右足

攻撃的なミッドフィルダーであるラキティッチ選手。

長短のパスでリズムを作り、ドリブルで
ゴール前まで行ってしまう
ダイナミックなスタイルをお持ちであり

テクや戦術眼を備えたチームのキャプテン
モドリッチ選手とともに、
チームの2代エースとして活躍する選手です。

二人ともプレースタイルが似ていますが、

ハードワークとも言える運動量の
ラキティッチ選手は、

バルサでは、右サイドのセンターハーフなどで、ディフェンスをしない
メッシ選手の代わりに
広く守備をカバーすることも

モドリッチ選手については、こちらの記事で詳しくまとめています
ラキティッチ選手

ゲームメイクが得意であり、攻守両面で優れ
中盤に躍動感を持たせるラキティッチ選手ですが、

ロシア戦でのPKでは、左下への冷静なシュートを放つなど、
非常に落ち着いたプレーをされていましたよね。

髪型もだいぶ落ち着いてきたようで、、、

ヘアケアはきちんと行なっているのか、
気になる部分ではありますが、

スポンサードリンク

クロアチア代表のエースはW杯で活躍できるのか?妻も可愛すぎ

2大エースの他にも、マンジュキッチ選手など、大型のFWを有するクロアチアですが、
果たして、残り2戦を
勝ち進むことができるのでしょうか?

マンジュキッチ

ラキティッチ選手の所属するバルサ(バルセロナ)は
今季リーグを制覇していますが、
果たして、W杯の優勝に貢献できるのか?

豊富な運動量を誇る、バルサの心臓であり、
司令塔をご経験、
すでにご結婚もされているとのことで、

以前はバーで働かれており、ラキティッチ選手と2013年にご結婚されたラケル・マウリ夫人

若い頃は、本当に美男美女で羨ましいですよねー。

二人の出会いが、バーというところが
ちょっと引っかかりますが、
ラキティッチ選手が、熱心に口説かれていたようで、

すでにお子さんもいらっしゃいますし、
仲睦まじい夫妻なのでしょう。

インタビューを受けるラキティッチ選手とモドリッチ選手

残り4試合となったワールドカップ。

イングランドの若手のエース陣に対して、
クロアチアのエース達は
疲労が溜まっているようですが、

仕事もプライベートも最高潮なラキティッチ選手の
残りに試合の活躍ぶりに
注目していきたいところですね。

下馬評ではイングランドが勝利する
などと予想させていますが、
果たして、どのような結果になることやら。

クロアチアvsイングランドの試合は、
7月11(水曜)
27:00~キックオフとなります。

というわけで今回はクロアチア代表の
イバン・ラキティッチ選手について、
プレースタイルや評判などをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

ハリーケイン選手のプレースタイルや評判まとめ!W杯イングランド代表のキーマン

デリアリ選手のプレースタイルや評判まとめ!トッテナムやW杯の代表選手に
オリビエジルー選手のW杯の怪我の状態は?身長や筋肉を活かしたプレースタイルも

イヴィツァオリッチ(クロアチアのコーチ)評判や現役時代のプレースタイルも