スポンサードリンク

6月に開幕したワールドカップ
(ロシア大会)も、残すところ
あと3試合となりましたね!

先日(7月10日)に行われた準決勝で、ベルギー代表を破り、
決勝進出を果たしているフランス代表。

地元開催で優勝した98年のフランスW杯で主将を務めた
デシャン監督のもと、2度目の挑戦、
弱点であった、チームワークを強化してきた、とも言われています。

エムバペ選手からの高速カウンターによって、
ここまで勝ち上がってきた、
といっても過言ではないフランス代表ですが、

このまま優勝まで突き進むのでしょうか?

今回は、フランス躍進の立役者の一人とも言われているオリビエ・ジルー選手について、
ケガの状態や
プレースタイルなどをまとめてみました!

エムバペ選手やグリーズマン選手などと比べると、
地味な選手とも言われていますが、

フランス代表の影のキーマンとも言われているジルー選手なので、
今回のW杯の調子なども調べてみました!

オリビエ・ジルー選手のW杯の怪我の状態は?

グルノーブル→トゥール→モンペリエ(優勝に貢献)
と、クラブを渡り歩き、

イングランドのアーセナルでは、コンスタントに得点を獲得
大事な局面で勝負強さを発揮する
スーパーサブとして大活躍。

その後は、チェルシー(FC)に移籍したジルー選手。

31歳となった今年、2度目のワールドカップとなり、

エースのグリーズマン選手(トップ下)と共に、
フランス代表の
タテの2トップとして君臨

アントワーヌグリーズマン

ワントップであり、左足での強烈なシュートや、
味方へのパスなどのほか、

プロレスラーのような体格や、193cm高さを活かしたポストプレー※が得意な選手です。

※相手のゴール近くで、敵選手の壁となりながらパスを受け、
味方にパスを出すプレーのこと。

ベルギーで言うルカク選手のような存在でしょうか?

ドリブルは苦手だと言うジルー選手ですが、

驚異のドリブル力を誇り、
得点王の候補であるエムバペ選手らと連携して
ゴールを狙います。

彫りが深すぎて目が見えないほどに、端正なルックスをお持ちの
ジルー選手には、女性のファンも多く、
プレミアリーグで最もセクシーな選手にも選ばれています。

そんなジルー選手ですが、2014年のアーセナル所属時代、
左足首のけい骨を骨折し離脱、

ワールドカップの直前に行われたVSアメリカ代表の親善試合では、
相手の選手と頭部が激しく衝突し、
頭にケガを負っていたジルー選手。

5cmの裂傷を負い、6針も縫うことに。

2017年にも太ももをケガ(ハムストリングの負傷)したものの、
こちらは、すでに完治しているみたいですね。

スポンサードリンク

ジルー選手のプレースタイルとは?試合での評判も

名前:オリヴィエ・ジルー(Olivier Giroud)
生年月日:1986年9月30日(31歳)
出身:シャンベリ
身長:192cm(88kg)
所属:チェルシーFC(ロンドン プレミアリーグ)
ポジション:FW (CF)
背番号:18
利き足:左足

FWであるジルー選手は、最前線でプレーするターゲットマン。

ジルー選手

2015年には、プレミアリーグの月間・最優秀選手にも選ばれており、
2010年からフランス代表として活動、

限りなくゴールに近い位置で
プレーするジルー選手ですが、

先のロシア杯 ベルギー戦では、
ゴール以外は、攻守で良いプレーをしていた、「DFWのジルー」
などと皮肉る声も多く

エムバペ選手から良いパスをもらうも
決めきれなかったジルー選手。

デシャン監督からは、特に必要な選手、などと
太鼓判を押されていたようですが、

チームに多大な貢献をしているものの、
シュートを決めきれていないジルー選手の、

決勝でのゴールに期待したいですね。

というわけで今回は、フランス代表のオリビエ・ジルー選手について、
ケガの状態や
プレースタイルなどをまとめてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!
スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。


関連記事

ルカク選手はケガをしてても無敵?ベルギー代表のゴールゲッターは身長や筋肉も規格外過ぎた

フランス代表のラファエル・ヴァラン選手が白人に負けず劣らずイケメンすぎ!