スポンサードリンク

2018年6月にスタートしたワールドカップも
決勝を目前に控えており、
代表国の選手や監督に注目が集まっています。

強豪ひしめく決勝リーグにおいて、
いち早く、決勝進出を決めたのはフランス代表。

ボール奪取や対人守備など多彩であり、
中盤の大黒柱となるポグバ選手や
世界最高のボール奪取力を誇るカンテ選手など、

世界最強クラスのMFを有し、
守備の面で頭一つ抜けているフランスは、

本大会の得点王の候補でもある
エムバペ選手によるカウンターから

欧州選手権MVPのグリーズマン選手といった
世界的なアタッカーが
得点を決める、と言う流れで、ここまで勝ち進んできています

そんなフランスの監督をつとめるデシャン氏。
過去には、フランスの代表としたプレー

知将などと呼ばれ、若手のタレント揃いのチームを
1つにまとめる采配力を披露されていますが、
一体、どのような人物なのでしょうか?

今回は、フランスの代表監督である
ディディエ・デシャン監督について、その戦術や、
現役時代などをまとめて見ました!

ディディエ・デシャンの戦術やW杯の評判!

デシャン監督

現役時代には、ジダン選手も在籍したユベントスで黄金期を経験し、
2001年に引退し、指導者となってからは、
その戦術眼と人心掌握術で、チームをまとめ。

12年からフランスの代表監督に。

16年の欧州選手権でも卓越した采配を見せ
フランスを、優勝の一歩手前まで導いています。

非常に底堅く多彩な戦術を
持つデシャン監督のもと、

今回のW杯ベルギー戦は、ディフェンシブな戦術を採用
攻守両面で優れているフランスですが、
今回は、監督の差で勝敗が決まったとの声も。

デシャン監督、深読みしすぎだろ

スポンサードリンク

デシャン監督の現役時代の評価なども!

名前:ディディエ・デシャン
生年月日:1968年10月15日
出身:バイヨンヌ
身長:174cm(71kg)

現役時代には、元レアルの監督であるジダン選手や元FWのアンリ選手とともに
フランスの代表として
優勝を経験されていたデシャン監督。

豊富な運動量や強靭なメンタル
戦術面でも優れており、
中盤の要であるボランチとして活躍、

チームを牽引する存在に。

マルセイユ時代には、フランスリーグ優勝2回、
92〜3年の欧州チャンピオンズリーグで優勝

ユベントス時代に、セリエAでの優勝を3回、

95〜6年の、欧州チャンピオンズリーグで優勝しています。

現在は、ジダン選手やアンリ選手とともに
指導者としても大活躍されていますよね。

アンリ選手は現在のベルギー代表のコーチに

地元開催で初優勝を果たした
98年のW杯フランス大会では、
主将として、チームをまとめています。

果たして、自身2度目の優勝を経験することができるのか?

残念ながら、上の歯は無くなってしまった?ようですが、

抜け歯のようで黒く変色??しているデシャン監督

なぜか、前歯以外の歯がなくなってしまい、
前歯もかなり、すり減ってしまっていますね。

このような声も

どのチームも、デシャンの采配による
フランス代表には歯が立たないが、
当の監督には歯がないな

インタビュー中は、口を開かずに話すため、
問題はなさそうに思えますが、
ある程度年齢になると、仕方ないことですよね。

まとめ

策士デシャンによる失点しないサッカー戦術で、ベルギーを
下したフランス代表、
ここまで穴のない戦いぶりを見せており、

クロアチアに勝てば、デシャン監督は、
史上3人目となる、選手、監督の
両方で優勝を経験することになりますが、

果たして、このまま優勝となるのか?

クロアチアのモドリッチ選手を警戒するデシャン監督。

15日の現地時間に、クロアチアと対戦する
フランス代表の
決勝の行方に注目していきたいですね。

というわけで今回は、フランスの代表監督である
デシャン氏について、その戦術や、
現役時代などをまとめて見ました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。

スポンサードリンク


スポンサードリンク


関連記事

ロベルトマルティネス監督の経歴や日本への評価がマズい?戦術面も優れたベルギー代表に

ズラトコダリッチ監督の経歴や戦術をwiki風にまとめてみた!!
ガレスサウスゲート監督の戦術や評判!スーツ姿の英国紳士はW杯にそっくりさんが登場