スポンサードリンク

天人(あまんと)と呼ばれる
異星人が移り住む
架空の江戸を舞台としたジャンプの人気作品「銀魂」

2003年にデスノートと同じタイミングで
連載がスタートしたこの漫画も
ついに次週(9月15日・土曜日発売号)が最終回となりましたね!

さよなら銀さん、最終回はセンターカラーだそうです!

万事屋の銀さんが
仲間と共に、
様々な事件に立ち向かっていくこの物語

第一話から読んでいた私としては、
次回が最終話ということで
なんとも言えない気持ちですが、

今回は、そんな銀魂の最終回のネタバレに関する
最新の情報をまとめてみました!

銀魂698訓のあらすじまとめ

何もやりたいことが無かったあの人に、やりたいことができた、

僕はそれが嬉しくて、その邪魔だけはしたくなかった、

と、万事屋 (よろずや)に戻ってきた新八。

やりたいことが沢山ある、
などと見栄を張ったものの、

皆がやりたいことを見つけて
前に進むなか
この二年間うずくまっていた

やりたいことなんて無かったんだ、
そこに銀さんさえいれば

私だって、前になんて進んでないよ、と神楽

定春を1人で助けるだなんて、いきまいて飛び出して
万事屋をバラバラにしておきながら、
1人じゃ何も出来なかった

定春さえ戻れば。きっと
何もかも、元どおりになると信じてた、

だけど、いつのまにか
定春をの帰る場所を壊していた

私たちの欲しかったもなは、前からそこにあった

それを捨ててまで
何を取り戻したかったんだ

自分たちの立つべき場所を
忘れては前に進めない、

だからもう一度踏み出そう よろづやから
私たちの原点から

万事屋がまだ無事だったことに安心する新八と神楽

そこにはお登勢の姿も

新八いい女連れて逢い引きかい?

何でまだこんなところに?
早く避難を、と

尋ねる新八だったふぁ

こんなときだからこそ、一杯やりたいやつらの
居場所が必要なのさ、
それにあんたらが帰って来る頃だと思って、

おかしなもんだね、あんたらも私も、
アイツらが繋げた糸の一本だった

何もすることがなくなった男が、
気まぐれに拾い続けてた、
無数のよろづの糸

アイツ(銀時)はもういないってのに、
その糸だけが
こうして、つながり続けているなんてさ

お登勢さん

僕らは、あの人と一緒に万事屋として、
たくさんの人の頼みを、
願いを叶えるため、走り続けてきました、

でも、それこそが、僕らの願いだったんです。

銀さんと、皆とつながって行くことが

アイツは私たちの願いを叶え続けてきた、

なのに、肝心の自分の願いは
誰にも告げずに行ってしまった、

今度は私たちが、銀ちゃんの願いを叶える番、
と神楽

貴方達がいたから、わたしたちはいまここにいる、

糸をつなぎ続けてくれたから、
私たちはいまここでつながっている

お妙や九兵衛など、仲間たちも続々と集まってきており、

万事屋としての最期の仕事がはじまろうとしといた、
わたしたちが貴方達の万事屋

銀魂の699話の最新情報まとめ!最終話で完結は本当?

万事屋に戻ってきた銀八と神楽ですが、
そこにはお登勢の姿も。

「おたえ」や「きゅうべえ」など
お馴染みのメンバーも集結し、
いよいよ最後の決戦となりそうです。

果たして、クライマックスは、天導衆との戦いとなるのか?
はたまた吉田松陽VS弟子なのか、

一部では、終わる終わる詐欺なのではないか?
とも言われていましたが、

空知からの謝罪文
冬のGIGAへ

14年間のご愛読、ありがとうございました

空知先生の次回作には期待しないでください

追記)最終話では、天阮教と
かぶき町のフルメンバーの戦いとなったようです。

万事屋に集結したメンバーたち

しばらく見ないうちにに
随分と従業員が増えたもんだね、とお登勢さん。

風呂敷に包まれた何かを新八に預ける、

あいつ(銀時)に伝えといてくれ、さっさと家賃払えってさ

新撰組に神威や全蔵、お通なども加わり、

江戸の各地で戦いを起こす新八たちだったが、

場面は高杉や桂、銀時に、
ラストに向けて
ページ数が足りないことに気づく3人、

俺たちのジャンプは、GIGAからだあ!!!!

人気投票も行われ、大方の予想通り、
今回のジャンプでは
完結はしなかったようで、

ラストのページで週刊少年ジャンプ定期増刊号
「ジャンプGIGA」に続くことが
発表されています。

さらに追加の情報があれば、
アップしていきたいと思います!

というわけで今回は、銀魂の最終回のネタバレに関する
最新の情報をまとめてみました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。