ついにワノ国編がスタートして、
面白くなってきたワンピースですが、

休載も多いようで

その理由が気になっている方も多いようです。

2015年は、月1のペースで休載していたとのこと。

早く展開が知りたいファンにとっては、
月に1度の休載だとしても
辛いようで、

ジャンプで、アーロン編が始まったくらいから、
読み続けている私としても、
少しきになるところですが、

今回は、尾田先生の過去の病気や、
ワンピースの休載が多い理由などを
調べてみました!

尾田栄一郎(先生)の病気がヤバい?2018年現在の状況まとめ

過去に、一度病気の手術をしていたという
尾田先生ですが、

2013年5月に、扁桃周囲膿瘍(へんとうしゅういのうよう)で
入院されており、

口蓋扁桃腺の炎症だけでなく、
それが一層増悪した状態、

周囲の結合組織に
炎症や細菌が広がる病気で

30代に多く発症し、

症状としては、喉の痛みや、高熱が続くなど

重度の場合、呼吸困難となり、
命に関わることもある病気なのだそう。

睡眠不足や過労、
ストレスなどが原因で起こるようで、

尾田先生(当時38歳)は病気になるほどに
働きすぎていた、
ということになりますね。

2018年10月現在も、多忙の中でワンピースを書いている尾田先生

今年は、世界に潜む伝説が明かされ、
過去最大の敵がルフィに立ちはだかるそうで、

9月、10月と、休載した週もありましたが、
物語は前に進んでいるようです。

ワンピースの休載が続く理由とは?

最近は、ワンピースの休載が多くなっていますが、
その理由としては
多忙だからだと言われています。

アニメや、映画の制作にも関わる中で
漫画を描ける時間は
当然、削られていたようで、

今まで、書き続けてこられたのが、奇跡だという声も

4週連続で、休載となった際には、
新聞に大きく掲載されるなど、

かなりのニュースになりましたね。

尾田先生の病気について、一部では癌ではないか?
との噂もあるようですが、

そういった事実は無いみたいですね。

尾田先生で検索すると、
急病、亡くなった、などの関連キーワードが
出現することから、

癌を患ったなどと勘違いした
ファンがいたのかもしれません。

溺れて亡くなった、など
ワケのわからない情報も
飛び交っていますが、

ワンピファンとしては、体に気をつけつつ、
連載を続けていっていただきたいですね。

というわけで今回は、ワンピースの作者である
尾田栄一郎先生について
過去の病気や

ワンピースの休載が多い理由などを
調べてみました!

また追加の情報があればアップしていきたいと思います!

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。

関連記事とスポンサーリンク


スポンサーリンク