週間少年チャンピオン
新年4+5号に掲載
弱虫ペダル最新(524話)のネタバレです

弱虫ペダル 924話

二人の戦いもクライマックスということで
巻頭カラー
超大増29Pとなっています。

インターハイも3日目、最終ステージ

ハコガクを引っ張ってきた黒田の決意を受け取り
小野田を追う
真波でしたが、

ラスト1400m、ゴールは近い
そろそろ 飛ぼうか

残りはわずか1400


全力で真波を引き離す小野田は
逃げ切れるのでしょうか?


今回は、弱虫ペダルの最新話である
524話について
あらすじ内容をまとめてみました!

525話のネタバレはコチラの記事に↓

弱虫ペダル524話ネタバレ!真波VS坂道の戦いがクライマックスに

最新524話 真波、飛ぶ

外野「来たぞ、先頭!!おおお

総北が前、箱根学園を引き離してる!!

総北先頭!!

すげえ安定したペースで
総北(そうほく)
足を回してる!!

後ろとの差は、

20・・・

いや30m!!

昨年、個人総合優勝のゼッケン1番
山王(やまおう)

小野田坂道!!!」

坂道:「先頭・・・」

「今、うしろをボクは

30m近く話してる!!!

残り1400mを過ぎたところで、
先行してる。

今ボクは、ゴールに一番近いところにいる

ドクン

心臓の鼓動が大きくなる坂道

「え・・何だ!?

ゴールを意識した瞬間に
緊張してきた・・!?」

ブルブル

「え!?」

ドクンドクン

「何かがフワッとして

足の動きが鈍く感じる

何だ・・

先頭・・・ゴール

ハァ ・・・ハァ

意識してる」

首を横にふる坂道

心を落ち着かせようと
ハンドルを叩く

「ダメだ、まだ途中だ

ダメだ鎮まれ!!

鎮まれ、自分!!

強くあれ!!」

外野:「速ぇぇl
山王 ダンシング

体小さいのに、すげえ迫力」

後方から、坂道の様子を
見ていた真波

真波:「また持ち直した!!

心のゆらぎがあった

それで今、少し
ペースが乱れた

先頭を走るプレッシャー、

それに飲み込まれるってやつだ

先頭は有利だ

だけど、敵がいないワケじゃない

独走して勝つかもしれない
と自覚した時

優勝を「意識」した時

みすしちゃいけないって気持ちが
強くなりすぎて

普段はやらないミスをやってしまう。

そのプレッシャーは、
ささいなところからやってくる

小さな心のスキマに入ってくる

大きいタイトルであるほど
勝たなければ
という気持ちが強いほど

スキマをぬって、
頭を支配し、

体を硬直させ
動かなくする

敵は、自分自身

動かない体を焦って
動かそうとして
普段の動きが全くできなくなる、

けど、今キミはそれをはねのけた

手をハンドルにあて
震えを止めた

渾身のダンシングで拭い去った!!」

サドルに座る坂道

坂道:「落ち着いてきた

大丈夫・・・

大丈夫

まだいける

いこう!

このまま!!」

真波:「すごいや、坂道くん

一人じゃ何も出来ないって

口では言いながら、

まかされると強い

外野;「強ええ総北!!

すげえ

今年も総北か
最後のゴールは!!

伝説つくれー

残り1300m

やーまお、やーまお

2年連続優勝

うおお

いっけー、
山王ォー」

真波:「風が出てきた、

キミは強い、けど
残念ながら
その快進撃は、

そろそろだ

高原に吹いてる

この横風は、

次のカーブを曲がれば
追い風になる

後ろを振り返り、
翼が生えた
真波に気づく坂道

真波:「それぇぇ」

ギュウウン

坂道:「ま、なみくん」(並ばれた)

真波「気づいたのは、良かったけど
ちょっと遅かったね

今度は俺が、
先に行くよ
坂道くん」

坂道が追い抜かれる

外野:「ハコガク総北をぬいた

うそだろ、一気に

変な加速したぞー

ハコガク真波

今オレ、一瞬背中に
羽根みたいの見えたぞ

今吹いた突風みたいの利用して

風の動きを呼んで

合わせてギアをあげて
加速したのか??

あれが、

天空の羽根応じ
(スカイプリンス)

箱根学院 真波山岳(まなみさんがく)

後ろを振り返り
坂道の顔を確認する真波。

坂道:「ダメだ・・ハァ」

外野:「山王を見ろ、うなだれてる

そりゃそうだ

一気に形勢逆転されたんだからな

俺なら、落ち込んで足をとめてる」

坂道:「ダメだ、強い
すごい真波くん」

「残り1200m」

坂道:「抜かれたのに、ダメだ
なんでだろう

真波くんのスゴい
走りを見てたら

頭の中で

恋のヒメヒメぺったんこ

鳴りはじめた!!」

笑顔になる坂道だった。

弱虫ペダル524話の感想など!不思議系クライマーが本領発揮

ついに牙をむいた宿敵・真波

予想通り、今週
坂道が抜かれてしまいましたね!!

風を読み、ギアあげた
真波の追い上げで

最後まで、気を抜けない
デッドヒートに
なってきました。

坂道が、ゴール手前で、
冷静さを取り戻した時は
流石というか、、、

自分に自信を持てなかった坂道が

今では、プレッシャーや
逆境にも負けず、
あの真波と互角に戦っている。

初回から見ていた私としては、
感極まるものが
ありますねー(*^^*)。

真波に差をつけられた坂道ですが、
まだ1200m残っていますし、

ヒメヒメソングが流れ出したので、

来週あたりで、
前回のインターハイのような
デッドヒートが見られるかも!

弱虫ペダル524話の感想は、以下にまとめています

悪い顔してる、
今週の真波くんが
かっこよすぎる〜
読んでると泣きそうになるな。。。

チャンピオン6号の発売日は、2019年1月10日です

次回の弱虫ペダルは、委員長がゴール付近に現れて
真波を応援しに来た
真の理由が明らかに!

弱虫ペダル 最新 524話

ついに、告白シーンが見れるのでしょうか?


というわけで今回は、弱虫ペダルの最新話である
524話について
あらすじや感想をまとめてみました!

弱虫ペダル最新情報

コミックス最新59巻は、1月8日(火)発売

弱虫ペダル 524話 ネタバレ

※舞台「弱虫ペダル」
新インターハイ編〜制・限・解・除
2019年5月に公演決定

・東京シアター1010
5月10日〜19日

・大阪 浪切ホール
5月25日〜26日

2019年1月4日発売、月刊少年チャンピオン2月号
新春ギャグフェスタ2019にて
「弱虫ペダル スペアバイク それいけアラキタくん」掲載決定

さらに、追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!!

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。