弱虫ペダル 525話

少年チャンピオン「弱虫ペダル」
最新話ネタバレです。

今回のチャンピオンの表紙&グラビアは
乃木坂46の齋藤飛鳥さん。

前回(524話)では、風を読んだ真波に
一気に逆転されてしまい
うつむく坂道でしたが、頭の中で「恋のヒメヒメぺったんこ」が鳴り始めます。

坂道は、逆転できるのでしょか?

今回は、弱虫ペダルの最新話である
525話ネタバレ内容などをまとめてみました!

弱虫ペダル525話ネタバレ!今回のヒメヒメソングの種類は?

坂道:「ダメだ・・・
抜かれたのに・・・

真波くんのすごい
走りを見てたら
頭の中で恋のヒメヒメぺったんこが、鳴り始めたんだ」

ハァ

外野:「真波(まなみ)先頭!!

外野:ハコガクすげぇ!!
今見たかよ

総北を一気にパスしたァ!!」

外野:「3日目、最後のゴールまで
のこり1200m

外野:「なにか羽根みたいの見えた

速え

おおおおお!

オレこの勝負、見に来てよかった!!」

真波:「ついてきてる?坂道くん

これまで、ヒルクライム(坂のぼり)レースのゴール間近で
この加速を見せると
大抵の選手は、うなだれて失速する!!必ず

キミは

どうだい?」

振り返る真波、うつむいている坂道

坂道:「ラブリー
チャンス・・
ぺたんこ ちゃん」

外野:「山王うなだれてる!!

ああ

ガンバレ
一気に差がついちまうぞ

オレは去年インハイ観にきて
総北に感動したんだ

負けても応援するぞ

ガンバレー」

外野:「いや、まて

山王なんか言ってるぞ

つぶやいてる

下を向いて、ブツクサ・・って」

「確かに、チャンスがどうのって聞こえた
「もうチャンスがない」
って言ってんのか?

ああガンバレ!!

・・・

いや」

坂道:「大きくなぁれ
魔法かけても

ヒメは、ヒメなの」

外野:「つぶやきじゃない、
何かリズムが

あれは

鼻歌だ」

坂道:「ああ何でだろう
不思議だ

「ラブ ヒメ」は、2期目が始まって

2期目のオープニングテーマ
「ヒメのくるくる片想い」も
とてもいい曲なのに。

今頭に浮かんできたのは、
1期目のオープニングテーマ

「恋のヒメヒメぺったんこ」だ

真っ白な♪

フフフフン♪」

ぐるぐる

回転数があがる坂道

外野:「聞いたことあるぞ、
総北の山王
小野田坂道は、レース中にハナウタが鳴ると、

ケイデンス(ペダルの回転数)があがって

早くなるって

ぐるぐる

坂道:「ヒメは・・ ヒメなの・・・」

ドジャァァァ

カチャン

ジャン

!?
うしろを振り返る真波

真波:「近づいてる
すぐうしろに!?

しかも笑いながら

すごい

久しぶりだよ
この感覚は

やっぱりキミは特別だよ

ラスト1kmの攻防

坂道と同様、※立ち漕ぎ
切り替えた真波

用語解説サラリーマンだいき用語解説サラリーマンだいき

※立ち漕ぎを知らない読者のために・・・上り坂や、スプリントなど急激な速度変化が必要なときに使うテクニックのこと
自転車の上でダンスをしているように
見えるためダンシングとも呼ばれるんだ。

ちなみに、スプリントはゴール前で行う
先頭争いのダッシュのことだよ。

外野:「総北が追いつきそうになって
間髪入れずに
ハコガクがまた加速。

引き離す」

坂道:「すごい加速だ

真波くん・・

(あざやかだ)

ラブリーチャンス
ぺたんこちゃん

おおきくなあれ
まほうかけても

ヒメは、ヒメなの

ヒメなのだ

真波に並ぶ坂道

坂道:「真波くん
すごいよ

やっぱりスゴいよ
真波くん」

ハァ・・・

ハァ・・・

真波:「そりゃあ、そっちもでしょ」

外野:「山王がハコガクに並んだぁ

何だよこの攻防!?

両者、一歩も譲らない」

真波:「さっき・・・
ゴールまで1100mの
プレートをすぎた

ここまで、ほぼ1km全力で走って
勝負はドローだ

残りは半分

つけよう

決着

残り1km先にあるのは
ゴールだ

・・・あれ!?

何かに気づく真波 

真波:「坂道くんの顔見てたら
1日目の夜に

BESTBOYのロゴの帽子をくれた人
(坂道の母)の顔を思い出した!!

何でだろ??」

その頃、ゴール付近にやってきた委員長

サク  サク(委員長が草を踏む音)

委員長:「あー、山の上って
やっぱり日差しが強い

預かった荷物だけど
たしか、この中に帽子が

あー、よかった
ちょっと借りるわよ山岳

にしてもスゴいセンス

ベストボーイ?」

「あら

あらあら

どうしたのその帽子?」

近づいてくる坂道の母親

委員長:「え!?」

坂道の母:「あらまぁ!」

委員長:「おばさま!」
坂道の母:「いつかの学生さん」

(ここまで)

※別冊少年チャンピオン2月号(1月12日発売)より、
弱虫ペダル「SPARE BIKE」
大学編(シリーズ)がスタート。

弱虫ペダルの感想まとめ

いやー、ラブヒメの威力は、
相変わらずヤバいですね。

坂道だが大好きなアニメ「ラブヒメ」は、魔法の修行中の
美少女(姫野湖鳥)が
有丸くんに思いを寄せる物語です。

2期目のオープニングテーマ
「ヒメのくるくる片想い」は

アニメ「弱虫ペダル NEW GENERATION」の
第23話で
姫野湖鳥(田村ゆかり)が歌っていました。

今回のレースでも、坂道はラブヒメの曲から
パワーをもらっていましたが、

1期目のOP主題歌「恋のヒメヒメぺったんこ」の方が
効果があったみたいです。

ゴール付近では、委員長と坂道の母が
またまた遭遇しており、

前回のインターハイのような
展開になってきました。
弱虫ペダル ネタバレ 525

勝負の結果だけでなく、
委員長の恋の行方にも
注目していきたいですね!

というわけで今回は、弱虫ペダル最新525話の
ネタバレ内容をまとめてみました!

ま他追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事

それいけアラキタくん2019内容をネタバレ
弱虫ペダル漫画の最新59巻の内容をまとめてみた!!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。