前回(2015年)ラグビーワールドカップで
日本代表に敗れて以降

調子を落とすも
エラスムス新監督のもと
V字回復を果たしていた南アフリカ代表。

今回(2019年)のワールドカップでは
決勝に進出していました。

そんな南アフリカ代表の
背番号9番の選手に
注目が集まっています。

パスワークが強力で、
巨漢選手にもタックルをお見舞いする

小さな巨人と称される
ファフ・デクラーク選手ですが
どのような人物なのでしょうか?

今回は、南アフリカ代表の背番号9番
ファフ・デクラーク選手ついて、プレースタイルや
似ている芸能人などをまとめてみました!

南アフリカのラグビー選手(9番)誰に似てる?

名前:ファフ・デクラーク
生年月日:1991年10月19日
身長:172cm(80kg)
所属チーム:セール・シャークス
出身:南アフリカ

2019年現在、28歳であり、
特徴的な金髪の長髪が
トレードマークのデクラーク選手。

大柄な選手が多い
南アフリカですが

デクラーク選手のポジションは
小柄な選手が務めることの多いスクラムハーフなので
身長は、172cmです。

ゲーム中の鋭い顔つきなどが

ノーメイクのhydeさんに似ていると
言われることの多い
デクラーク選手ですが、

そのあまりの格好良さに
「シュレックのファークアード卿(漫画のキャラクター)みたいだ」
と言った声も。

アメリカのミュージシャンである
カート・コバーンや千代の富士(元横綱)にも似ている
と言われるほか

ハンガリーのミュージカルスター
「マテ・カマラス」氏にしか見えない、
との声も寄せられていました。

金髪のロングヘアーが似合う
デクラーク選手ですが、

普段、サラサラヘアのケアには
余念がないとのこと。

ちなみに、2017年からデクラーク選手と
お付き合いされていた
「ミネ・ヴァン・ニーケルク」さんは

ブロンド髪(金髪)の美しい美女です。

くるくるは別にいいけどウェールズ戦も反則(ラフプレー)が目立った?

高速かつ、正確なパスワークに
定評があるデクラーク選手。

ポジションは、フォワードとバックスの
つなぎ役である
SH(スクラムハーフ)

スクラムからかき出されたボールをBKにパスするほか
スクラムにボールを投入する
役割でもあります。

パススキルだけでなく、瞬間的な判断力や持久力
大男たちの密集地のサイドを突破できる
俊敏性とステップワーク技術が必要で、

守備では、相手FW陣のスクラムサイドの
突破を防ぐフィジカルや
強靭なメンタリティが求められます。

ラック(密集戦)からでたボールを
すぐさま蹴り込む
ボックスキックの精度が高く

FL(フランカー)顔負けの
フィジカルの強さをも併せ持つ
デクラーク選手ですが、

プレー中は、攻守のどこにでも存在している、との声も

スクラムからキックして走るし、
ボール取られたら
取り返しに行って飛び込んでいる。
ラック(密集戦)では、相手がボール出す時、
手を引っ掛けて
ノックオン(ボールを全貌に落とす反則)させるんだよなぁ。

自軍ボールの
スクラムの前に

指でボールをくるくる回す

ルーティンのような仕草が特徴的なデクラーク選手ですが、

日本戦でのラフプレーには、視聴者から賛否の声が寄せられました。

ウェールズ戦では、

197cmのジェイク・ボール選手との
にらみ合いが
印象的でしたね。

くるくる回すのは、負けず嫌いで勝ち気な性格のあらわれだ、とも言われています。

ウェールズ戦では、合間に、なめたようにボールをくるくる回したあげく、
怖そうな巨漢に挑発して
ケンカ売っていた、

ウェールズ戦でも、余裕が出てきた頃にくるくる回し始めていたようです。

デクラークが今後は、ウェールズ戦でも動き回っていたけど
空中でくるくる。
余裕が出てきたかな

日本戦では、ブーイングが飛んでいましたが、

試合後は、そのキャラクターが
視聴者に受け入れられていたみたいですね。

癖になるボール回しの上手さだわw
敵だとカチンとくるけど、応援していると頼もしく感じる
ハンターハンターの能力者みたい

スポーツ漫画における
強敵チームのキャプテンのような
デクラーク選手ですが

決勝のイングランド戦での活躍が楽しみですね!

というわけで今回は、南アフリカ代表の
ファフ・デクラーク選手ついて
プレースタイルや似ている芸能人などをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。