継承戦の進むスピードが
早くなってきたように感じる
ハンターハンターですが、

今回の記事では、サルコフが
テータの代わりに
王子の念習得を遅らせる気があるのか

王子のパワーアップを
サポートするのか、
その辺りについて考察していきたいと思います!

※最新話のネタバレを含んでいるので
コミックス派の方は
ご遠慮ください。

サルコフはテータとツェリ王子どっちを取るのか?

第4王子であるツェードリヒ王子の
私設兵であるサルコフですが、
テータの代わりに王子に念を教えることに。

テータとサルコフ以外には
念を使える
護衛はいないようで

ハンター試験の時といい、テータちゃんは有能な護衛だったみたいですね。

単細胞などと言われているサルコフですが
意外に賢いのでは?との声も。

大雑把な性格ではあるものの
本質を見抜ける
有能な兵士だ、との評判もあり

テータとの話し合いの中では、
あまり賢そうな
素ぶりを見せていなかったサルコフですが、

突然、目の前に現れた念獣を見て
見るなテータ!などと警告しており、

状況把握の能力は優れていそうです。

サルコフは王子への忠誠心が低い?

通常は、上位の王子であれば、

その私設兵は、
幼い頃から王子に身を捧げるよう
訓練されていたハズですが、

テータやサルコフは、
そのような態度が
あまり見られないというか、

テータにいたっては
王子の命を狙っていますし、

サルコフはあいつ呼ばわり
していましたからねw

呼び捨てにできるくらい
王子と仲が良いのかもしれませんが

そもそも何故、ツェリ王子のような悪の化身に
忠誠を誓っているのか、

幼い頃から、そのように
訓練され続けたから
なのかもしれませんが

そのあたりの理由も
今後明らかにされそうですね。

イザとなれば優先するのはテータ?

最新話では、王子の念獣に
警告を受けていたテータに対して

俺が修行を引き継ぐ
などと交代を
申し入れていたサルコフ

テータとは、幼少期から
王子に使える身として

共に訓練を受けていた
間柄なのかもしれませんが

幼馴染のような関係であり

いざとなれば
ツェリ王子よりもテータを
優先するとも言われています。

王子の念習得を
遅らせようとするテータですが
果たしてサルコフは

王子の修行を
円滑に進める気が
あるのでしょうか?

ツェリ王子は、二人のことなど
なんとも思っては
いないみたいですが、

修行を進める中、王子がテータに好意を持ち始めているのでは?といった声も

今後は、テータをめぐって
王子とサルコフの三角関係に発展する
などとも言われています(笑)

そんな微笑ましい展開だったら
私も嬉しいのですが、

HUNTER×HUNTERに限っては、
そういったことは
起きないでしょうね。

すでに念をマスターしつつある
王子の動向から
目が離せなくなりそうですね!

というわけで今回は、ハンターハンター継承戦の
登場人物であるサルコフについて
王子との関係などをまとめてみました!

さらに追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。