ワノ国編が盛り上がっている
ワンピースですが、

休載も増えてきており、

その理由が気になる読者も多いとのこと。

早く続きを読みたいファンにとっては、
月に1度の休載だとしても
辛いようで、

アーロン編が始まったくらいから、
読み続けている私としても、

ここ数年は、休載が増えてきたかなー、
などと気にはなっていたのですが、

今回は、尾田先生の過去の病気や、
ワンピースの休載が多い理由などを
調べてみました!

尾田栄一郎(先生)の病気がヤバい?2018年現在の状況まとめ

過去に、一度病気の手術をしていたという
尾田栄一郎先生ですが、

2013年5月に、扁桃周囲膿瘍
(へんとうしゅういのうよう)で
入院されています。

扁桃周囲膿瘍とは、口蓋扁桃腺(こうがいへんとうせい)の
炎症がひどくなった状態のこと。

周囲の結合組織に
炎症や細菌が広がる病気で

30代に多く発症し、

症状としては、喉の痛みや、
高熱
が続くなど。

重度の場合、呼吸困難となり、
命に関わることもある
恐ろしい病気なのだそう。

主に睡眠不足や過労、
ストレスなどが
原因で起こるようで、

当時38歳の尾田先生は
病気になるほど働きすぎていた、
ということですね。

2018年10月現在も、多忙の中ワンピースを書いている尾田先生

2018年は、世界に潜む伝説が明かされ、
過去最大の敵が

ルフィ達の前に
立ちはだかると、コメントを出していました。

着実に物語は前に
進んでいるようで

2019年には、ワンピースの盛り上がりが
最高潮となる
そんな予感がしますね。

2018年は、9月、10月と、
休載した週もありましたが、

2015年は、月1のペースで
休載していたとのこと。

休載の度合い自体は、ここ数年で
ほとんど変わっていないものの

最近は、月一でなく3週間に1回と
少し数が増えているようです。

そこはちょっと気になりますが、

ワンピースの休載が続く理由とは?

ワンピースの休載が多くなっている理由は
尾田先生の忙しさ
だと言われています。

アニメや、映画の制作にも関わる中で

マンガに使える時間は
削られていたようです。

今まで書き続けてこれたのが、奇跡だという声も

過去にワンピースが
4週連続で休載した際には、

新聞に大きく掲載されたほど。

ワンピースの影響力は
大きくなってしまいましたね。

尾田先生の病気について、一部ではガンではないか?
との噂もあったようですが、
そのような事実は無いみたいですね。

尾田先生で検索すると、
急病、亡くなった、などの関連キーワードが
出現することから、

ガンを患った、などと勘違いした
ファンがいたのかもしれません。

この他には、溺れて亡くなった、など
ワケのわからない情報も
飛び交っていますが、

検索者が、別の漫画の作者と
間違えたのかも。

エースなど人気のキャラクターが
亡くなった、というワードと
尾田先生の名前が同一のサイトで取り上げられたため、

検索エンジンの自動的な機能で

尾田先生 亡くなったなどと
関連キーワードに
表示された可能性も

仮に先生が亡くなった場合、

誰がワンピースがを引き継ぐのか?
ということが

気になっている読者が
多いのかもしれません。

最近は、有名な漫画家の訃報も
多くニュースで取り上げられていますし。

ワンピースは、回収されていない伏線が多く、

クレヨンしんちゃんのような
1話完結の漫画では無いので、

作者が亡くなったからといって、
すぐに連載終了という
訳にはいかなそう。

万が一に備えて、尾田先生が
数話で完結に向かわせるような

原稿を用意しているのかもしれません。

あまり考えたくは無い話
ですけどねー。

まとめ

今回、漫画の休載が多い理由は、
多忙ということが
判明しました。

短編集を出すなど、
活動の幅を広げている尾田先生。

20代と違い、体に無理が
きかなくなっているハズですから、

ワンピファンとしては、体に気をつけつつ、
連載を続けていって
いただきたいですね。

というわけで今回は、
ワンピースの作者である
尾田先生について

過去の病気や
ワンピースの休載が多い理由などを
調べてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。

関連記事とスポンサーリンク