過去に「マネーの虎」に出演していた、
辻直哉さんを覚えていますか?

ロコロール 現在

オリジナルのロコロールをプレゼンし、
安田社長から
投資を受けていた辻さんですが、

その後は、成功できたのでしょうか?

今回は、ロコロールでおなじみ
辻直哉さんについて
マネーの虎出演から現在までの活動をまとめてみました!

辻直哉のマネーの虎での投資獲得からその後まで

↓辻さんの自身作であるロコロール

ハワイの人気料理「ロコモコ丼」を
巻き寿司(ロコロール)という形で提供して

ファーストフード化させたい

などと語り

500万円の投資を
希望していた辻さん。

食べ歩き文化のある
渋谷のセンター街で、

オリジナルのロコロールを
テイクアウト形式で
販売したかったようです。

味だけでなく、お店のスタイルも
若者ウケするハズだ、

などと

自信満々で
プレゼンしていましたね。

名前が似ているので、フランスロールと間違えてしまう視聴者もいたみたいです。

会社を辞める覚悟で、
マネーの虎に
出演していた辻さん。

番組内で披露したロココールは
虎たちから絶賛されていました!

あの「堀之内」社長も完食していたほど。

美味しい!私は大好きです

経歴・才能・実績のどれも
申し分なかった辻さん。

番組内で、今の職場にはナイショで出演したことなど、
義理のなさを
虎から叩かれたものの

「一番の目的はお金を儲け」といった

野心を気に入られ

飲食の虎である安田社長から
希望金額を獲得していました。

原宿でロコロールのお店をオープンさせるも

安田社長から、
投資を獲得した後は、

お店の物件探しと、
ロコロール以外の
目玉商品の開発を行っていた辻さん。

安田社長からは物件や
スタッフを紹介してもらい、

原宿(竹下通り)での
1号店のオープンまで
こぎつけていましたね。

目標とする来客数は500人(1日の売り上げは25万円)

当日は、雨で気温が低く
思うように集客ができなかったため、

安田社長の会社のスタッフにも
お客として
来てもらっていたようですが

結果は、来客人数が420名、
売り上げが15万円で
目標を達成できなかったそう。

安田社長からは
「お前はいつか成功できるから」

などと励まされていましたね。

目標より10万人少ないのか!?
あれだけ人の多い場所で
チラシをまいて

客が来ないってことは
チラシを変えないとダメだな(安田社長)

味は完璧、商売人としてはど素人だった
(番組ナレーション)

ロコロールのその後

その後のロコロールですが、

テレビ番組にも取り上げられ、

月に40万円ほどを
売り上げるまでに
成長していたようです。

半年後には、念願の渋谷店をオープン。

その後すぐに、名古屋にも
出店できたみたいですが、

最終的には営業権を
譲渡してしまいます。

実は、2店舗で3000万円ほど
費用がかかっていたようで

当時、新婚ホヤホヤであった辻さんですが、

かなりの負債を負ってしまったそう。

店舗拡大を急ぎすぎたのが
最大の原因だと
言われていますが、

武道館ロックンローラーの懐永さんと同じように

少し天狗になっていたみたいですね。

安田社長は、

伸び悩んだ理由として、
人材不足だったことも
指摘していましたが

うまく後継者を
育てられなかったのでしょう。

元新米サラリーマンたいちゃん元新米サラリーマンたいちゃん

この人からは、成功しそうなオーラパワーが感じられなかった

ロコロール自体が、一時的なブーム
だったのかもしれません。

辻直哉の現在までの活動まとめ!成功者になれたのか?

「マネーの虎」の出演時には、
大手の食品加工メーカー
(おそらくエバラ)につとめており

焼く肉のタレや、新トンカツのメニューを考案し、

ヒットメーカーとして
活躍されていた辻さん。

職歴としては、

→スペイン料理のコック
→経営部門(裏方)に移り
→大手の食品加工(エバラ?)からヘッドハンティングされ

→4ヶ月後、マネーの虎に出演し独立
→2004年からバンダイナムコで新規事業の開発や
人事部長・取締役を歴任

2012年に退職した後は、

企業への経営コンサルティングや
大学での講演など
幅広く活動していたようで

人材派遣業をスタートさせて
会社を売却したこともあったそう。

現在(2017年〜2019年?)は、
食品メーカーにて
マネジメントのお仕事をされているとの噂です。

まとめ

ロコロール自体は、
ネットの口コミを見る限り

「美味しい」と
好評だったようですが

安田社長いわく、流行に左右されやすく
飽きられるのも
早いビジネスだったみたいです。

原宿や渋谷に出店する
ということは、

そういったリスクも
含んでいたのでしょう。

このような声も

この人は、トップやるより
参謀(コンサルタント)的な仕事が
向いているんじゃないかな??
そもそも、大手メーカーで
あれだけヒット飛ばしていたのに
500万円も持ってなかったのか??

一時期は、事業の失敗で
多額の負債を負った辻さんですが、

功績を見る限りは
成功者と言えるのかも。


というわけで今回は、
ロコロールの「辻直哉」さんについて
マネー成立から、現在までの活動をまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。