黒澤文昭 その後

今回は、マネーの虎に出演されていた
黒澤文昭さんのその後や、

現在まで成功できている理由を
考えてみたいと思います!

加藤社長や吉川社長などから
さんざん叩かれていた
黒澤さんですが、

マネーを獲得できた理由や
美人の奥さんを
ゲットできた理由など

気になっている方が
多いようなので
徹底的に調べてみました!

黒澤社長は今現在も成功者なのか??岩井社長や美人嫁が惚れた理由も

2018年現在も、パソコン救急バスターズは
存在しており、

本社は、埼玉県さいたま市に
馴染みやすい青色のビルが経っています。

パソコントラブルバスターズ その後

地域に根ざした経営をされてきており、
年商も1〜2億円ほどに。

事業内容は、PC(デスクトップ、ノートパソコンなど)
メンテナンスや販売
データの移行やウイルス対策などさまざま。

個別でのトラブルにも
対応可能のようです。

埼玉にビルを建てたい

お客さんが
気軽にこれるような
アットホームな会社にしたいです。

2年以内に、フランチャイズ化を
目指します。(マネーの虎での黒澤さん)

私も2018年に、PCのウイルス駆除の件について
対応いただいたのですが、

10店舗近くに店舗数が増えた今でも、

電話応対も非常にアットホームな感じで
代表者の黒澤さんも
相変わらずだったので、安心しましたね!

営業エリアは全国6箇所に存在し、
持ち込める方であれば、

そちらの方が安く済むとのこと。

個人的には、出張費がかかる、
といった時点で
アレッ?と思ってしまいましたが、

広告費や人件費など、相当かかっているそうなので、
色々大変なのかも。

今後は、スマフォが普及して
ご老人などが手にするようになると、
新たな需要も生まれそうですね。

マネーの虎で数少ない成功者
と言われている黒澤さんですが、

放送時には、美人の奥さんがいらっしゃったようです。

番組内でも、「可愛い」「これだけの美人が妻なら頑張れる」
などと好評だったみたいです。

救急パソコンドクターズのマネーの虎出演からオープン初日まで!

マネーの虎出演時の黒澤さんは36歳、

高専を中退し、学校の先輩の会社に就職、
営業の会社に転職した後は、

自分で会社(PC関係)をスタートされていたのだそう。

パソコン修理にそこまで
お金をかけられない人向けに、

救急パソコンドクター(パソコンの救急車)の会社を設立したいと
会社の設立費用(670万円)の投資を
希望していました。

営業車を改造して、一般の家庭や企業に向けて
パソコンの修理・メンテナンスを行う

いわゆる、出張費のいらない
出張パソコン修理ビジネスをやりたかったそうです。

まずは1台の車で、1日におよそ200件を訪問、
修理を依頼する
家庭は20%(20人)を見込んでいます。
依頼を受けて、本社で修理して

必要であれば
一次的に貸している代替のパソコン
(高スペック)も販売します

中古パソコンショップをやってるので、
予備のパソコンは
100台あります
(黒澤さん)

堀之内社長や、加藤社長からは
好かれていなかったみたいです。

結局は金儲けなんですか??

車のガソリン代や電話代まで
借りるなんて

寝言言うな

まず卵になりなさい
孵化はそれからだ

(堀之内)

銀行に行っても
相手にしてもらえませんでしたが

私は、この事業を
とにかくやりたいんです(黒澤さん)

パソコントラブルバスターズ 現在

一方の、岩井社長などは、

僕は、半分なら出します

完成されてなくても、いいと思う
何かやりたいって
その気持ちが大事なんじゃないかな?(岩井社長)

僕も半分出します!我々の本社ではなく、
加盟店まで来てくれて
対応してくれる、パソコン修理ビジネスは今ないんですよね(小林社長)

当時の黒澤さんの自己資本は300万ほど、虎の投資と合わせて
1000万でビジネスを
スタートする考えだったようです。

初日はダメだったが!1年後の売上げは?

岩井社長、小林社長から半分ずつ
合計700万の投資を獲得された黒澤さん。

マネー獲得後には、美人で献身的な奥さんと
優秀なエンジニアの協力を受けて
ビジネスをスタート。

うちのカミさんの実家で
安くロゴを作ってもらいます。。

投資資金の大半で車を買い
チラシで宣伝。

すでにパソコントラブルバスターズという
社名で
別会社が存在したため

パソコン救急バスターズへの社名変更も余儀なくされ
金策にも苦しみます。

奥さんがオープン間際に倒れるなど、
色々大変だったみたいですね。

初日の売上目標は達成できず
番組スタッフからも、
2〜3回は、その後の活動を取材されていたようです。

7ヶ月目には、受注が入るようになり、
1年後には、営業所も3つオープン、

株式会社バスターズは
月300万円(年商3600万円)ほどの売上に。

車も1台から5台〜6台に増えたそう。

2002年の8月に「有限会社ケーズシステム」を設立
翌年には、FC展開をスタートし

2005年には、ウイルスバスターなどでおなじみの
トレンドマイクロの
レスキューパートナーに認定されています。

黒澤文昭という岩井社長がホレた男!成功要因はなんだった?

パソコントラブルバスターズ 

虎たちには、ボロクソに言われていた黒澤さんですが、

夢を次々に叶え、
現在も、成功しているだなんて、
凄いですよねー!!

黒澤さんは頭も良かったみたいです。

車を買った理由は、宣伝効果と人の目を引く点
中で作業する
この3つを兼ね備えたなくちゃいけないから、

投資金額の大部分を使って
車を買いました。

視聴者からは、このような声も

堀之内は否定していたけど
看板は本当に大事

大事な車に妥協しなかった
(形から入った)時点で
センスあるよなこの人

時流も読まれていたのか、
経営的なセンスを
お持ちなだったみたいですが、

成功要因としては、岩井社長がホレたという
その人柄や
熱意などが、大きかったのではないでしょうか?

なんか、琴線に触れる(共鳴させられる)
ものがあったんですよね

彼は男気があるなって(当時の岩井社長)

黒澤さんの男気に
奥さんも惚れたのでしょう。

ビルを建てるのも良いけどさ、

将来的にもっと大きな夢(ビジョン)を強烈に持たないと、
長続きさせるのは厳しいよ。

俺だったら
教育業界を変えたい、
とかそんな感じの(岩井社長)

2019年で会社も17年目となったみたいですが、
黒澤さんの今後に
注目していきたいところです。


というわけで今回は、株式会社バスターズ代表取締役社長である
黒澤文昭さんの
現在までの活動をまとめてみました!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。