今回は、マネーの虎に出演していた
飲食業界のションコネリーこと
小林敬社長についてです。

映画俳優のショーンコネリー氏

視聴者から「謙虚ライオン」というアダ名をつけられていた小林社長。

マネーの虎への出演当時は、創作(そうさく)料理店の
経営(プロデュース)を行う
小林事務所の代表でしたね。

小林社長の現在までの活動は以下の記事でまとめています

個人的には、「うどん」の志願者に対する発言が
印象的でしたが、、、

怖い印象とはうらはらに

岩井社長いわく、
プライベートでは
おちゃめなキャラクターだったみたいです。

百戦錬磨の経営者である小林社長、

過去の名言だけで
打線が組めるほど、ネタが豊富だそうなので
今回は色々とまとめてみました!

小林社長がマネーの虎を降板させられた理由とは??

何かとネタにされることも多い小林社長

小林社長本人がザコシショウのツイッターの
アカウントをフォローしてて草

マネーの虎では、レギュラー並に
出演していた小林社長ですが、

2003年6月に降板扱いとなり、

その後は
出演されなくなっていたそう。

マネーの虎自体は、2004年3月に
放送終了していました。

番組終了までの
最後の半年間、
出演できなくなっていた小林社長。

降板理由については、

「番組にイチャモンをつけていた」
「天狗だったから」などと
さまざまな説が。

過去に放送された、英会話クラブの志願者の回では
番組のルールを破ろうとして
ケチをつけ

高橋社長や吉田栄作さんに
論破されていた小林社長。

そんな小林社長に対しては、様々な噂が

中卒か高卒かもわからない。

創作料理店「庵」の成功は、
小林の力だけではない

「堀之内」社長を
師匠呼ばわりしていた
だけあって、

志願者の人格否定が
激しかった、と
言われている小林社長。

発言内容が過激すぎて、
視聴者からクレームが
寄せられていたのかも。

小林社長の名言で打線組んだシリーズができる?

過去の発言だけで、打線組んだシリーズが
作られてしまうほど
影響力が大きかった小林社長。

~で打線組んだとは・・・・2ちゃんねる(主になんJ)のネタであり
人物や名言などの評価を
野球の打線(スターティング・メンバー)形式で表すスレのこと

まずは、小林社長の発言で打順を考えてみました⇣

1:印象→わかりやすい・即効性
2:→手堅さ
3:→バランス感
4:→問答無用の破壊力 
5:→4に続くインパクト
6:→傑作ではないが光るものがある
7:→地味だが抑えておきたいもの
8:→最後まで残ったやつ
9:→いちばん華があるもの

1:お前バカじゃねえのか?
2:非常にお下劣です
3:なんなんこれぇ、子供のお絵描きみたいよ
4:こんなんでFC本部の社長になるなんて言ったら、ふざけんなバカヤロー言いますわ
5:アホンダラァ!!!!言いますわ
6:百戦錬磨の経営者よ
7:疲労困憊してます
8:あなたの言っていること、ごっつ腹たってきますよ
9:開き直ってるじゃないですか、謙虚になれよ!!!!!

↑上記以外にも小林社長は、
数多くの名言を残していたので

以下にも、打線に組み込めそうな名言をまとめています!

ネット塾ビジネスの志願者の言葉尻にかぶせて
話し始める小林社長

志願者:勉強を・・・
小林社長:あなたがやるビジネスだって、
これだけのお金がかかるならば

これだけの初期投資が
かかるならば

これを展開型にしてくならば

あまりあるような売上をつくるならば、

(小林社長から目をそらす志願者)

・・・

こっち見ろよバカヤロー!!!!

国際弁護士なったらいいじゃないですか?

それともあなたが謙虚になって

いいですか?

今すごい計算しちゃってますわ!!!

堀之内社長と
僕の精神構造は同じで
弟子くらいに思ってます。

ベーシックなもんを
こんなおちゃらけ状態で出したら
論外ですね。

しゃきっとせい!!

お前の本気見せてみろ

言葉ってむなしいで
薄っぺらい

まとめ

名言なのか、はたまた暴言なのか
判断が難しいところですが、、、

今考えてみると、
的を射た発言も
多かったような気がしますね。

あなたは厳選された良いものを出したいって言った。
けど50万円売り上げるには、何百食も出さなきゃいけないワケですね。
そしたら安定したスープなんて、手作りで出せるワケがないですわ、出せます社長?

いや出せないね(川原社長

ここまでユーモラスな小林社長を
降板させた番組は
無能だったのかもしれません。

というわけで今回は、
小林敬社長の名言で打線組んだシリーズをまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

おすすめ記事とスポンサーリンク

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。