NGTの報道をめぐり、
1月13日に運営元の代表人らが会見を開き
謝罪していたようです。

会見を見た視聴者からは、「誠意が伝わってこない」
「反省しているように見えない」
などといった声が。

実は、謝罪していた取締役の「松村匠」さんは、
テレビ界では
有名な業界人なのだそう。

会見の場に似つかわしくない
チャラい格好に
口ひげを生やして現れた松村さん。

いったい、何者なのでしょうか?

今回は、AKSの責任者である松村匠さんの
プロフィールや経歴ほか
家族についてまとめてみました!

松村匠のプロフィールや経歴をまとめてみた!

名前:松村 匠(まつむら たくみ)
生年月日:1962年11月9日(56歳 ※2019年1月現在)
出身:大阪府・大阪市 西成区(にしなりく)

現在は、「AKSコンテンツビジネス株式会社」本部の
本部長をされている「松村 匠」さん。

AKB48プロジェクトのプロデューサーでもあり

映像作品のプロデュースを
メインとして担当。

慶應義塾の経済学部を卒業され、
元フジテレビジョン事業局の
企画部長ほか

元編成制作局・バラエティー制作センターの副部長や
チーフプロデューサーをされていたそうです。

松村匠は奥さんと離婚していた??

口元のヒゲが、チャームポイントだという松村匠さん。

どこか憎めない顔をしていますよねー。

離婚というキーワードと一緒に検索されている松村さんですが

薬指に指輪をハメていないので、
現在は独身だと
思われます。

奥さんについての情報は、ネット上からは見つからず
「そもそも結婚自体していないのでは?」との声も。

仮に既婚者だったとして
奥さんとの離婚理由
何だったのでしょうかね。

夫婦間のことなので、なんとも言えませんが、

若いNGTメンバーとの不倫がバレて、、、

なんて、勝手な
想像をしてしまいますね。

とんねるずの番組スタッフだった時代には、
コントでハレンチなことも
されていたみたいですし。

ちなみに、前NGT48劇場支配人(初代)の今村氏は、
黄色のレインコートが原因で
奥さんと離婚したのだそう。

松村さんの場合、奥さんから、
口ひげが生理的に受け付けられない
なんて言われて、離婚した可能性も、、、ないですかね。

敏腕プロデューサーは現在AKSの代表に?秋元康や指原との関係も

AKSの運営責任者・取締役として
13日に開いた会見で、一連の対応の遅れなどを
謝罪していた松村匠さん。

ネット上からは、「バラエティあがりの松村Pが
事態を収集できるのか?」

などと

責任者としての能力を
不安視する声も。

30代の頃は、ADとして「とんねるずのみなさんのおかげです」を担当
2000年には
「とんねるずのみなさんのおかげでした」のプロデューサーになり、

番組の裏方を中心とした音楽グループ
「野猿」のサポートも行っていた松村さん。

「とんねるず」がプロデュースした「野猿」は
その年のレコード大賞・企画賞も
受賞されています。

松村さんは、野猿の最終候補に
選ばれていたものの
メンバーにはなっていたかったようです。

ヒゲがチャームポイントな松村さん。

ADの時代から、ヒゲを生やしており、
今回も、ヒゲを剃らずに
謝罪会見していましたよね。

このような声も

ヒゲくらい剃ってこいよ!

フジテレビ退社後には、AKSの代表に就任し、
AKB48関連のテレビ番組の
プロデュースなどをされていた松村さん。

以前の仕事で付き合いのあった
秋元康さんから
直々にスカウトされたのでしょう。

今回のNGTの騒動が起きてしまったことで、
「秋元」さんからは
叱責(しっせき)されたそう。

ちなみに、博多(HKT)の2代目・劇場支配人である
尾崎氏とは盟友みたいですね。

尾崎 充(おざき あつし)

「とんねるず」の番組などの
制作ADとして活動し、
30代で事務所マネージャーに転身。

仕事する機会が多い秋元氏からの
オファーを受け、
グループの仕事に携わるようになる。

尾崎氏は現在のHKT48劇場支配人である
指原莉乃さんとも
親しい間柄だったみたいです。

それにしてもAKB関連会社の取締役だなんて、
松村さんはADから、
ずいぶんと、出世されましたよねー。

※2017年の情報では。取締役3名のうちの
1名のようで、
代表取締役ではないみたいです、

今回の会見で、「およびではない」との声もあった松村さんですが、
トップの役職では無かったとしても

「全責任は私にある」くらいの覚悟で
会見に臨んでいただきたいものですね!

というわけで今回は、AKS の代表である
松村匠さんの
経歴や家族についてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。