堺の歴史文化を象徴する「さかい利晶の杜」(さかいりしょうのもり)の茶室などが
2019年5月25日放送の
「ブラタモリ・仁徳天皇陵古墳へ」の中で紹介されます。

NHK「ブラタモリ古墳の町・堺~巨大古墳は日本の歴史を動かした!?~編」
放送時間:午後7時30分~午後8時15分

世界遺産入りを目指していた
仁徳天皇陵(にんとくてんのうりょう)古墳
(日本最大の前方後円墳)などが存在する堺市ですが、

観光スポットである「さかい利晶の杜」には
「与謝野晶子」記念館や
茶の湯体験施設など、堺市の魅力が満載。

今回は、堺市の観光名所である
「さかい利晶の杜」について、その中身などを
wiki風にまとめてみました!

ブラタモリで紹介されたさかい利晶の杜とは?wiki風にまとめてみた

2015年大阪府堺市・堺区にオープンした「さかい利晶の杜」は、
堺出身の茶人「千利休」や
歌人として有名な「与謝野晶子」を紹介する観光施設(博物館)です。

住所:堺市堺区・宿院町西

「千利休屋敷跡」に隣接し、「与謝野晶子・生家跡」の近くに立地しており、
堺の偉人二人から
市の歴史や文化を楽しめます。

利晶の杜は、「観光案内展示室」「与謝野晶子記念館」
「千利休の湯館」「茶の湯体験施設」といった

堺の歴史や文化を体験できる4つの施設と
飲食施設(レストランなど)から成り、

茶の湯体験施設では、初心者がお点前(お茶をたてる)
体験することができ、

自分でお茶を立てない場合でも、先生がお茶をたててくれるので、
椅子に座りながら、
お抹茶と週替りの和菓子を楽しむことも可能です。

茶の湯の振興を目指す
堺市ならではの体験施設ですね!

堺の歴史や文化を発信することで、
観光客の誘致(堺市観光のリピーター化)などを目的としている
「さかい利晶の杜」。

「住民も集い、
憩える空間もある。
などと話す「竹山修身」市長は

この利晶の杜が、堺の起爆剤になることを
期待していたようです。

黄金の茶室など

さかい利晶の杜では、多くの人に
茶の湯に興味を持ってもらうため、

2019年1月25〜5月6日までの期間、
企画展「黄金の茶室がやってきた」を開催

豊臣秀吉が造らせたとされる
「黄金の茶室」が展示されました。

この茶室は、本物の「黄金の茶室」を
復元したものを
京都市から借りたものだそう。

千利休が制作に携わったと言われている金と赤の茶室

静寂の中、
利休ゆかりの地で
自分を見つめる、なんてことを一度はしてみたいものです!!

というわけで今回は、堺の観光名所である「さかい利晶の杜」について、
その中身などを
wiki風にまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。