最近ネットでよく聞く「令和おじさん」という言葉。

早くも、「今年の流行語にノミネートされるのでは?」
などと話題になっていますが、

いったい、何者なのでしょうか??

今回は、今世間を騒がせている
令和おじさんについてまとめてみました!

令和おじさんとは?

令和おじさんとは、
2019年4月1日に令和の元号を掲げていた
内閣府の菅(すが)官房長官(70)のこと。

第4次安倍改造内閣の需要人物であり、
ガースーなどと親しまれている
菅(すが)官房長官ですが、

現在は、「令和おじさん」というアダ名で
若者を中心に
人気を集めていたそう。

2019年のニコニコ超会議にも出演しており
その人気ぶりに
「自分でもビックリしています」

などと照れながら発言していたようです。

普段はクールなガースですが、
甘党であり、ときおり笑顔を見せる
そのギャップが人気の理由なのかも。

ちなみに、令和おじさんのほかには、パンケーキおじさん
バーコードおじさん、お答えは差し控えるおじさんなど、
様々な呼ばれ方をしていたようです。

かわいいガースーと平成おじさんネイルまでが人気に

その屈託のない笑顔のおかげか
以前から、一部の女性に
人気があった菅(すが)官房長官ですが、

今回の元号発表で、その存在が
若者にも知れ渡ったようです。

このような声も

顔真っ赤にして照れるガースー、かわいいなー
良い笑顔に癒やされるわw

よく見ると愛くるしい、整ったお顔立ちですし
清潔感も感じられますね。

ちなみに1989年に、当時の官房長官として
平成の年号を発表していた
「小渕 恵三」元総理大臣は

平成おじさんなどと呼ばれていました。

ひょっとすると「令和おじさん」も、未来の総理大臣に?

今回の「令和おじさん」ブームのおかげで
写真加工アプリ「SNOW」を使うなどした
菅・官房長官の加工写真がネットに出回ったほか、

新元号の額縁(がくぶち)を左右に振る仕草を
無限に続ける動画が
ネット上で、拡散されていました。

本人は巡回済みなのでしょうか???

若年層のオモチャにされている感が、なんとも言えませんが

それなりの経済効果はもたらしているようです、

一部のネット上では、「東京新聞の望月記者と戦うおじさん」といった
イメージを持たれている
菅(すが)官房長官ですが

会見での望月記者への塩対応が多いせいか、

ネット上からは、このような声も

こいつの記者会見を見てみろよ!?

「令和おじさん」じゃなくて
「冷話おじさん」だから。

冷話おじさんのネイルが話題らしいが、
こいつは、夜中に突然しゃべりだしたり、
冷酷なメッセージを発信したりはしないのか??

いろいろ言われている上に、
勝手にキャラ弁まで作られている
令和おじさんですが、

今回の改元で、日頃ニュースを見ない世代も、
少しは政治に
関心を持ってくれたようなので、

令和の時代に、希望が持てそうですね。

というわけで今回は、今世間を騒がせている
令和おじさんについてまとめてみました!

また追加の情報があれば
アップしていきたいと思います!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。