新潟5区から2017年の衆院選への
立候補を表明されている「泉田裕彦」さん。

スクリーンショット 2017-12-09 午後1.21.45

「泉田裕彦」さんといえば、2004年から16年までの12年間、
新潟の県知事をつとめられた方ですよね。

2016年の10月の県知事選では、圧倒的に有利などと言われながら
告示日の1ヶ月前に突然、立候補を辞退し、
マスコミや関係者を騒然とさせました。

任期の終盤には、県連との軋轢などもあったみたいですが、

本人は「当選が危うくなるから辞退したわけではない」などと話されています。

なんでも、新潟県の地方紙である「新潟日報社」から、事実誤認とも言える内容の記事を
複数回、掲載されたことが出馬の辞退につながったのだそう。

「泉田裕彦」さんの、の出馬辞退の会見内容はコチラ

今回、2017年10月の衆院選への出馬を
ご決断された「泉田裕彦」さんですが、

新潟の県知事をお辞めになった後は、
一体、何をされていたのでしょうか?

気になっている方も
多いのではないかと思います!

そこで今回は、泉田裕彦さんについて
現在までの活動のほか、
衆院選への出馬理由などをまとめてみました!

泉田裕彦(新潟県知事)の現在までの活動をまとめてみた!

スクリーンショット 2017-12-09 午後1.21.06

今回「自民党」からの要請を受けて、
衆院選への出馬を検討されていた「泉田裕彦」さん。

原発の反対派と呼ばれていた泉田さんなので、
ネット上からは、「推進派の自民から出るなんてガッカリ」
といった落胆の声も多く寄せられていたようです。

結局、長いもの(利権)に巻かれてしまったか・・・・

信念より、目先の利益優先なんだな、、、、、

当選してしまえば、原発が再開に動くかも、、、
急な手のひら返しに、有権者も戸惑うだろうな・・・

一方で、このような声も

「自民党」から出ただけで、叩かれるのか?
むしろ、今の「自民」に必要な
まともな人が出馬したなー、と思うけど。

最初から、推進派でも反対派でも無かったような気もする。

もともと自民から押されて県知事になった人なんだよなー。

「柏崎刈羽」原発への慎重な姿勢を示し、
東電に対しても厳しく追及していたという「泉田」さんですが、、

現在は、「小池」知事の側近「若狭勝」氏の政策塾会派の
設立初会合のメンバーに名を連ねていた、との情報も。

各地での講演・セミナー、地元のラジオ番組への出演などもされているようです。

泉田裕彦の「自民党」からの出馬が決まった今、争点は?

スクリーンショット 2017-12-08 午後4.56.06

衆院選への出馬を正式に表明された「泉田裕彦」さん。

今回の出馬は、自民党にとってもメリットのあることなのでしょうし、
「泉田」さんにとっては、右も左も関係ないのかもしれませんね。

市長や知事なんかより、国会議員の方が
泉田にとっては、メリットが大きいよなー。

「泉田」さんの衆院選への出馬が決まった現在、
原発の是非などが争点となりそうですね。

追記)10月の衆院選で初当選を果たされた泉田さん。

「再稼働は本質的な問題ではない」などと発言されています。

というわけで今回は、元新潟県知事の「泉田裕彦」さんについて
現在までの活動や、評判などをまとめてみました!

関連記事とスポンサーリンク


この記事は役に立ちましたか?

もしあなたの役にたっていたのなら
下のSNSボタンで面白かったor役に立った記事をシェアしていただけると幸いです。

スポンサーリンク